real local 湘南 » 北鎌倉、を味わう場所【店】

北鎌倉、を味わう場所

北鎌倉 茶寮風花

偏見かもしれないが、北鎌倉といえば、まず、山、緑。
そうして、花の印象が優先される。

北鎌倉、を味わう場所
鬱蒼としつつも、爽やかな北鎌倉。

もとい、花の寺の印象だ。
それには、そのまま「花の寺」の異名で知られる東慶寺の存在や、通称「あじさい寺」明月院の存在が大きいだろう。ゆえに、やはり6月の人波は、今年もその人気ぶりをうかがわせるに十分すぎるものだった。

北鎌倉、を味わう場所
横須賀線の線路の向こう側にも、山が見える。

その賑わいの真っ只中。

前述のあじさい寺こと、明月院とは通りを隔てて、はす向かいに位置する、和風喫茶「茶寮 風花」さん。
北鎌倉について話を伺いたく、あじさいの終わる頃を狙い、足を運んだ。

北鎌倉、を味わう場所
しっとりとした、和の佇まい。

北鎌倉に似つかわしい、和風喫茶。

「鎌倉といえば、和、かなと。洋風のカフェを開くようなイメージが、なかったんですね」

今から30年近く前のうさぎ年にオープン。明月院の隣にあることで、月にうさぎ、とイメージを膨らませ、店の名物はうさぎの形をした「うさぎまんじゅう」だ。白くふっくらした姿が可愛らしい。

北鎌倉、を味わう場所
左側:冷抹茶とうさぎまんじゅうのセット。右上:店内では、うさぎに因んだ物販も。
北鎌倉、を味わう場所
店内。左側:風情のある外席も人気です。

 

営業時間内にお邪魔をしてしまっての取材中、客足は続く。偶然隣り合った、おそらく観光の方と思しき女性の言葉が印象的だった。

「これぞ、鎌倉って感じ」

北鎌倉をこそ、鎌倉だと、その女性は胸を張る。

「大人の場所。落ち着くの」

貴重なご意見をいただいた。なるほど、確かに。賑やかな季節でさえ、どこかしんと静かな雰囲気がある。

北鎌倉、を味わう場所
お優しい店長夫妻。笑顔が素敵です。

「北鎌倉のいいところは、まず自然がいっぱいなところ。それから静かで、落ち着いているところ」
と、奥さまも語る。
夏の北鎌倉はいっそう、静かになる。観光の目が、近くにある海へと向くからだ。

蝉の声が谷間に響く、谷戸のロケーション。

「疲れた体を休めに来てください。甘いお饅頭と、お抹茶で喉を潤してください。癒されていただければ幸いです」

仲睦まじくお店の切り盛りをする、店長ご夫妻の姿に、お客さまが漏らした言葉を、私は聞き逃せなかった。
——いつか、ここでこんな生活がしてみたい

いつかと言わず、今、憧れを叶えてみるのはどうでしょうか?

とその場で尋ねるのをこらえて、この記事に代えさせていただきました。

鎌倉の、鎌倉らしさが詰まった場所、北鎌倉。
今年こそ、味わってみるのはいかがでしょう。

【北鎌倉駅周辺物件】

・ http://www.realinamuraestate.jp/estate.php?n=1180

・ http://www.realinamuraestate.jp/estate.php?n=1220

屋号

茶寮 風花

備考

TEL:0467-25-5112

営業時間:10:00〜17:30(L.O 17:00)

定休日:水曜日

URL

http://aquadina.com/kamakura/spot/31/

住所

神奈川県鎌倉市山ノ内291

北鎌倉、を味わう場所