real local 福岡 » BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋【イベント】

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋

10月20日(金)〜11月20日(月)開催中

※終了しました。

BOOKUOKA(ブックオカ)は、毎年10⽉下旬から11⽉下旬の約1ヶ⽉間にわたって、福岡都⼼を中⼼に開催されるブックイベントの総称です。

その中でも11/4(土)に開催される「のきさき古本市」はメインの人気イベントで、一般の出店者が約100店、福岡市中央区赤坂のけやき通りを舞台に、自宅に眠っている古本をフリーマーケット風に販売します。本の感想や作家への思い入れなど出店者とお客さんが熱心に語り合う光景が見られます。

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋
2016年の「けやき通り・のきさき古本市」の様子

他にも、普段は競合する書店が協力して開催する「福岡の書店員が選んだ激オシ文庫フェア」や、著名イラストレーターやデザイナーの作品をあしらった期間限定の共通文庫カバー「ブックオカ特製文庫カバー」の配布は全国的にも前例がありません。さらに人気作家によるトークショーなど、さまざまなイベントが行われます。

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋
地元福岡で働く書店員が実際に読んだオススメの文庫が、推薦文つきの特製帯を巻いて勢揃いします。今年のお題は「欲望」。
BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋
恒例となったブックオカ特製文庫カバー。今年はブックデザイナー平野甲賀さんバージョン。期間中、配布書店で文庫本を購入した方にもれなく進呈されます。

BOOKUOKA(ブックオカ)は、「福岡を本の街に」を合言葉に、福岡の書店・出版社・古書店・ライターなど本に関る人々や本好き有志による実行委員会によって運営されています。

活動を始めた2006年頃は「天神書店戦争」とも呼ばれた程、福岡(天神)に書店が増えた時代。しかし「本」というメディアは、他のあらゆる新メディアを相手に青息吐息の過当競争を強いられているのが現状で、同時に福岡の実状は、広い意味で「本」が有機的につながった文化都市と呼ぶにはまだまだ遠く、本好きの読者はもちろんこれから本と出会うべき子供たちの受け皿になりえてはいない、と感じられたそうです。
そこで、出版社から書店、街をも広く巻き込んだ「本のお祭り」を開催し、あらためて本というメディアの魅力を広く伝えるべく、BOOKUOKA(ブックオカ)が立ち上げられました。

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋
ブックオカの活動が10周年を迎えた昨年には、記念イベントとして開催したトークの内容をまとめた書籍が刊行されました。

過去には、書店だけでなく福岡市内の人気カフェ数十店に協力を仰ぎ、絵本に登場するスイーツを再現してメニューに加えてもらう「カフェで再現!ブックレシピ」や、パパ限定の絵本読み聞かせイベント「読み聞かせオヤジバトル」も開催、大きな盛り上がりを見せ、人気作家を招いてのトークにも多くのファンが集まりました。

ブックオカのイベント期間中は、普段会えない作品や作家にも出会えるチャンス。
また、本好きの方々同士での会話がはずみ、それがきっかけで友達になったり結婚にいたった方もいるそうです。毎年募集されるボランティアスタッフも、ブックオカを通じて本好き仲間となる方も多く、ブックオカのメンバーも’本には人と人をつなげる魔法のような力がある’と実感しています。

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋
出店者や、集まった本好きのみなさんとの会話も楽しんでください。

ブックオカ実行委員会の藤村さんより

福岡のみならず、全国的に書店の廃業や閉店が増えている昨今、近所に本屋さんのない地区も増えています。
ひとくくりに「本」といっても、人それぞれのニーズに応じたさまざまな本が出版されていて、これほど多様なジャンル、いろんな時代の作品に出会える書店(または図書館)という場所は、まるで宇宙のように広く奥深い空間です。

本というメディアには「読む」という根気のいる作業が伴い、テレビや携帯電話に比べると気楽にのめりこむことができにくい面もあるでしょう。
しかし、一度その魅力にはまると、その後の一生を決めるような作品と出会うことも多く、仕事や家庭での悩みに直面した場合などでも、そこから抜け出す力を与えてくれたりもします。期間中、ぜひ新しい本や、昔読んだなつかしい本、いつかは読んでみたかった本など、たくさんの本と出会っていただければと思います。

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋
客層はイベントによって異なりますが、特に若い女性の参加が目立ちます。

BOOKUOKA2017の詳細なスケジュールは、下記備考と公式サイトをご確認ください。

ブックオカをきっかけにこの秋、あなたと本と、新たな人との出会いがありますように。

屋号

BOOKUOKA 2017

URL

http://bookuoka.com/

https://www.facebook.com/bookuoka/

住所

福岡市中央区赤坂2-1-12ネオグランデ赤坂1階
ブックスキューブリック内 大井実

日時

2017年10月20日(金)〜11月20日(月)

 

「のきさき古本市」
11/4(土)11:00〜16:00
雨天時は11月5日(日)に順延。決行か延期かは11月4日(土)朝7:00にブックオカHPで発表します。

主催

ブックオカ実行委員会事務局

備考

〇11月4日(土)11時〜16時 第12回けやき通り・のきさき古本市 中央区けやき通りの商店軒先
〇10月20日(金)〜11月20日(月) ブックオカ2017特製文庫カバー デザイン・平野甲賀さん 福岡県内および山口県の25書店店頭(枚数には限りがあります)
〇10月20日(金)〜11月20日(月) 福岡の書店員が選んだ激オシ文庫フェア〜今年のテーマは「欲望」〜 福岡県内の約30書店店頭
〇11月3日(金・祝)19時半〜(開場19時) 書店員ナイトin福岡拡大版「書体(=フォント)に恋して」 HABIT(中央区大名2-1-50)
〇11月19日(日)14時〜(開場13時半) 中江有里さんトーク「読むこと、生きること」 西南学院大学・博物館講堂(早良区西新3-13-1-2階)
〇11月11日(土)14時〜(開場13時)16時半ごろ 星野博美さんトーク「キリシタンの世紀と殉教の記憶をめぐって」 九州国立博物館 1階研修室(太宰府市石坂4-7-2)
〇11月2日(木)16時半〜(開場16時) 版元ドットコムの使い方 西日本新聞会館13階会議室(中央区天神1-4-1)
〇11月3日(金・祝)14時〜(開場13時半) 亀山郁夫さん講演「ドストエフスキーと革命 〜ロシア革命100周年を迎えて」 福岡市健康づくりサポートセンター「あいれふ」10階講堂(中央区舞鶴2-5-1)
〇11月4日(土)14時〜(開場13時半) 『物語』の愉しみ 「恋」が彩るフランス小説 ギャラリー・モリタ(中央区赤坂3-9−28)
〇10月17日(火)〜11月12日(日)11:00~18:00(月曜定休) 平野甲賀リトグラフ展 カフェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14 ブックスキューブリック箱崎店2F)
〇10月21日(土)19時〜(開場18時半) 平野甲賀さんトーク カフェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14 ブックスキューブリック箱崎店2F)
〇10月27日(金)19:00~(開場18時半) 『東京わざわざ行きたい街の本屋さん』刊行記念 和氣正幸さんトークショー フェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14 ブックスキューブリック箱崎店2F)
〇11月9日(木)19:00~(開場18時半) 渾身討論 「水俣病闘争 石牟礼道子と渡辺京二」 カフェ&ギャラリー・キューブリック(東区箱崎1-5-14 ブックスキューブリック箱崎店2F)

 

情報は10月18日時点のものです。随時HPで更新されます。

会場

イベントにより異なります。

TEL

092-406-2036(ブックオカ事務局・忘羊社)

料金

イベントにより異なります。

BOOKUOKA2017 本と人に出会う秋