real local 山形 » ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ【イベント】

ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ

市プロジェクト2017「ブックシェルタープロジェクト」

2017.10.17

※終了しました。

10月14日〜22日、とんがりビルにこれからの生き方・働き方を考える、期間限定の移動書店がやってきます。

 

ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ

東北芸術工科大学の「市プロジェクト」は、人口減少が進む地方都市で、ものづくり中心の暮らしを成り立たせていくための新しいつくり方・売り方・つながる場を、ゲストクリエイターと地元のつくり手がともに考え、実践していくアートマネジメント人材育成プログラムです。

本企画「市プロジェクト・ウィークエンド[第1期]」では、2017年度から市プロジェクト招聘クリエイターとして活動を継続するアトツギ編集室とナカムラクニオが、とんがりビルに手仕事と本のコンセプトショップと、ディスカッションプログラムをひらきます。

 

ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ

持ち運べる小さな住居であり、避難所であり、店舗として移動式書店にも、図書館にもなり、情報の発信基地にもなることが可能な〈ブックシェルター(本の避難所)〉。山形で生まれた、この〈ちいさな山〉のような山型本棚を拠点として、未来の暮らし方、働き方、地域の再生、新しいメディアの可能性など模索していきます。

企画:ナカムラクニオ

ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ

「ブックシェルタープロジェクト」
2017年10月14日[土]→22日[日](月曜休)
会場:とんがりビル SUANA
主催:東北芸術工科大学

ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ

《プログラム》

◎ブックシェルター
シェルター(shelter)とは、人間が敵からの攻撃を避けて、生き延びるために利用する空間の総称です。世界中に洞窟、地下都市、防空壕などがあり、迫害や戦いから逃れるためにさまざまな空間が作られてきました。この「ブックシェルター」の主な機能は、移動書店です。しかし、本と人がつながる空間を生み出し、いざとなれば山形市内を離れて仕事を続けることができるモバイルオフィスにもなります。「ブックシェルター」は、芸術祭やイベント通じて、時間や場所にとらわれない未来の働き方も提案していくプロジェクトです。
10月14日[土]→22日[日]11:00~18:00(月曜休/入場無料/申込不要/土・日は作家滞在)

◎くらやみ読書会
暗闇が教えてくれることは、たくさんあります。聴覚、触覚、嗅覚、そして人間にとって大事な第六感。実は本当に人間にとって大切なことは目に見えていないのかもしれません。人間は暗くすると、本音で話すようになり、時間の感覚も麻痺し、本来の自分に少し近づくことができるのです。そんなきっかけにもなる「くらやみ読書会」。各回テーマに沿った本を持ち寄り、会話を楽しみましょう。

1)10月14日[土]18:00~20:00(開場17:30)
「テーマ:サバイバル」……もし核ミサイルが発射されたら? もし大震災が再びおきたら? あなたはどうしますか。そして、どんな行動をとりますか? 東日本大震災の時に読んでいた思い出の本や、自分の身を守る時に必要な本などを、一冊お持ちください。

2)10月15日[日]18:00~20:00(開場17:30)
「テーマ:やらないこと」……今やることが多すぎて困っていませんか? 幸せになるためにはやることリストだけでなく、「Not To Do List (やらないことリスト)」を強く意識することが重要。日々のやることばかりに支配されないように引き算的行動が必要なのです。そんなスローライフに関する一冊をお持ちください。

3)10月21日[土]14:00~16:00(開場13:30)
「テーマ:未来の働きかた」……ロボットがなんでもやってくれる近未来。わたしたちの働きかたは、どのように変化していくでしょうか? 今ある職業のほとんどがなくなってしまう、とも言われています。そんな未来の新しい働きかたを考える一冊をお持ちください。

※各回の定員は20名で、全て事前申込が必要です(参加無料)。ご予約はお電話か申込フォームで承ります。申込フォームの場合は件名を「くらやみ読書会(ご希望の回の番号1~3を明記)」とし、お名前、ご連絡先、お申込人数等を明記の上、以下のフォームから送信してください。
→お申込フォーム
Tel:023-627-2091
山形ビエンナーレ事務局(東北芸術工科大学地域連携推進課)
定員になり次第締め切りとさせていただきます。

ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ

◎ナカムラクニオ(Kunio Nakamura) 1971年東京都生まれ。荻窪のブックカフェ「6次元」店主。映像ディレクター。全国で実験的な読書会や小説のワークショップなど本にまつわるイベントを企画・運営している。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方~都市型茶室「6次元」の発想とは』(CCCメディアハウス)、『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)、『パラレルキャリア』(晶文社)などがある。
http://www.6jigen.com

会場:とんがりビル SUANA
〒990-0042 山形県山形市七日町2-7-23 とんがりビル 3階
※専用駐車場はございません。近隣の有料駐車場などをご利用いただきますようお願いいたします。
主催:東北芸術工科大学(〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5)
企画:ナカムラクニオ
プロデュース:宮本武典
助成:平成29年度文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業(市プロジェクト2017)
協力:株式会社マルアール
お問い合わせ:山形ビエンナーレ事務局(東北芸術工科大学地域連携推進課)
→お問い合わせフォーム
Tel:023-627-2091(担当=加藤・鈴木)
http://ichiproject.tuad.ac.jp/

 

とんがりビルウェブサイトからの転載です。

イベント名 市プロジェクト2017「ブックシェルタープロジェクト」
日時 2017年10月14日[土]→22日[日] 11:00~18:00(月曜休/入場無料/申込不要/土・日は作家滞在)
お申し込み・お問い合わせ 山形ビエンナーレ事務局(東北芸術工科大学地域連携推進課) Tel:023-627-2091(担当=加藤・鈴木) http://ichiproject.tuad.ac.jp/
ナカムラクニオさんによる、手仕事と本のコンセプトショップ