real local 福岡 » 福岡2年目、わーちゃんの場合 後編【この人】

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編

福岡に住んで〇年目、福岡生活のリアルvol.1

福岡に住み始めた後の、リアルな生活を聞いちゃうシリーズ。

泊まれるスナック「B&C Gakubuchi」の店長を務める、’わーちゃん’こと、葛西敬子さん 。後編では、Gakubuchiができた時のこと等を含めて伺います。

前編はこちら:福岡2年目、わーちゃんの場合 前編
関連記事:泊まれるスナック B&C Gakubuchi

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編
Gakubuchi2階の共有スペース天井に設置されている「小倉織」の打合せの様子。右が葛西さん。

ーゲストハウスをやりたい!と思われて、まずは『地域と生きるゲストハウス開業合宿』に参加されたんですね。

はい、ちょうど2年前です。

将来は地域の暮らしの魅力を世界に発信するゲストハウスを開業、運営したい人や、地域おこしや町づくりの拠点にしたいという人が集まっていました。その時に参加したのは8名で、今でも連絡を取り合い、Gakubuchiにも遊びに来てくれます。熊本で被災した時も各地から駆け付けてくれ手伝ってくれたり、大切な仲間です。
この合宿で”阿蘇び心””B&C Gakubuchi”の代表は講師として参加していて、それで修行に行くゲストハウスを『阿蘇び心』に決めました。

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編
実家の青森から合宿に行くときに撮影した写真。

ーGakubuchiがオープンした時の思い出はありますか?コンセプトは葛西さんが考えられたそうですね!

社内でコンペがあったんですよ!代表者も入れて4人で。それで私の案が採用されて、店長として任せてもらうことになりました。

人事もすべて任せると言われて。一番に思いついたのが、姫路のゲストハウスで既に出会っていた現在のスタッフ「みりちゃん」のこと。「こんなプロジェクトがあるんだけど、是非一緒に働いてほしい!」とストレートに伝えたところ、1週間後に会いに来てくれました。みりちゃんも一緒に働きたいと言ってくれて、とても嬉しかったです。

関連記事:福岡2年目、みりさんの場合

ー内装も葛西さんの案がベースなんですよね。木のぬくもりがあってとっても落ち着く空間です。

建物オーナーのできるだけ残してほしいというご希望もあって、残せるものは残すようにしました。骨組みに鉄筋があったんですが、木のぬくもりを出すためにすべて木でやり直しました。
その時に撤去した鉄筋が、Gakubuchiの玄関前に設置している大きい額縁です。
オーナーさんも一度宿泊に来てくれて、喜んでいただきました。

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編
2018年3月。わーちゃんとみりさん。

ー福岡市で旅館業法を取得するには検査済証が必要ですよね。もしかしてこの物件は検査済証があったのでしょうか・・?

いえ、なかったです。笑
不動産屋さんでしたらきっとご存知の通り、、めっちゃ大変でした・・・。本当に大変な手間と時間(約1年)とお金がかかりましたが、無事に宿泊業の許可を取ることができました。

オープン前の、’縁つなぎ’を一番の目的としたクラウドファンディングや内装のDIYワークショップでは、本当にいろんな方が関わってくださり、今も常連さんとしてGakubuchiに通ってくれています。

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編

ーオープンされて約10ヶ月。Gakubuchiの運営も落ち着いてきましたか?

ありがたいことに宿泊のリピーターさんも、スナックの常連さんも少しずつ増えてきました。
ご近所の方々にも本当に恵まれていて、最初はお叱りを受けたこともありましたが、今はとても良い関係が築けていると思います。

ー移住後の生活は、いかがですか?

私、移住をしているっていう感覚があまりないんです。移住したいと思って住む場所を選んだわけではないので。

私にとっては『どこ』よりも、『誰と』『なにを』が重要。
でも、友達も少なくて家族もいない土地で、醤油の味や文化や言葉も少し違う中で暮らすのは、私にとっては楽しいことに溢れています!

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編

でも、ぶっちゃけ!
寂しさに悶える時もあります。そんな時は家族や友達がたくさんいる地元が恋しくなります。
自分が心を許せる場所、人をみつけること。最近、改めて重要だなって思います。どんな場所にいても仕事をしていても同じですが、自分の解毒をちゃんとできる落としどころがないと生活を長くするのは難しいなと実感しています。

ーぶっちゃけ、福岡ではいくらくらいあれば生活できるでしょうか?

どんな生活を望むのかによりますが。
私は住む家があって、満足なご飯を食べて、たまに飲みに行く。数ヶ月に一回は遠出のプチ旅行もする。大きな貯蓄はできないし、大きな出費がある時は自分のもともとの貯蓄を切り崩しているのが現状です。月々12万円くらいあれば、私の思う普通の生活はできると思います!

福岡2年目、わーちゃんの場合 後編

ー最後に、移住先に福岡を選ぶか悩んでいる方に一言お願いします!

どこに行っても同じ。そこでどんな人に出会うのか、自分が動けるのか。自分の大切なものがそこにはイメージできるのか。
だいたいの日常は思い込みです。良くも悪くも、思い込みを外して自分の声に耳を傾けること。
決めたあとは日常を思い込んで進むこと。

全てが最良なんてない。
あとは自分次第だと思います。

屋号

B&C gakubuchi

URL

http://bnc-gakubuchi.jp/

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。