real local 福岡 » 博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!【仕事】

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!

リノベーションミュージアム冷泉荘

※終了しました。

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!

博多区、冷泉公園付近。

ここはかつて博多祇園山笠に見られるような、女性も近寄らない博多のいかつい男が集まる町だったという。それが、ここ10年足らずで福岡、いや九州のカルチャーの発信地に変貌を遂げつつあることをご存知だろうか。

その重要な起点となるのが、今回紹介する「リノベーションミュージアム 冷泉荘」。一見昔ながらの公団住宅のような建物が、今となっては福岡には欠かせないスポットになっている。

そこで、冷泉荘ではこの度、第3期メンバーを募集する。応募対象は、「古い建物を大切にして賑わいを作る『ビンテージビル活動』に共感でき、文化発信を行う個人・団体・法人」。特に業種・ジャンルは問わない。

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!
テナントの一室。普段は日本画のアトリエだが、一時的に帽子教室の作品展が行われていた

現在の入居者が気になるところだが、アトリエをはじめ、ギャラリー、サロン、スタジオ、スクール、建築やNPOのオフィスなど。また、外観からは想像つかないが、カフェ、ダイニングバー、居酒屋など飲食系も充実している。レトロアパートの玄関が居酒屋の入り口になっていたのは新鮮だった。

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!
(右上)滅多にお目にかかれれない、板かるたなどレトロアイテムが度々発見される。(左下)直営のシェアオフィス。(右下)昭和40年代にタイムスリップしたようなこの一室は、宿泊部屋として検討中だとか

また冷泉荘直営として、シェアオフィス、卓球部屋、多目的スペースも兼ね備え、来訪者も気軽にコミュニケーションを取れる体制が整っているのも特徴のひとつ。

コミュニケーションという面ではやはりイベントも重視している。年に2回、気軽に施設を体験してもらう「れいぜん荘ピクニック」や手作りマーケット「あおぞら市」。どちらも学園祭のようなノリと開放性があり、入居者の温かさを感じるイベントだ。

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!
色とりどり、リノベーションミュージアム冷泉荘の入居者一覧

しかしこう入居者を並べてみると、よくこれだけの多種多様なカルチャーを街中のレトロアパートに集めたものだと感心してしまう。いや、市内から自然に集まってきた、と言った方が正しいのか。

「ここの入居者は他県出身が多く福岡の人はあまり居ないんです。それで、その入居者つながりでまた他県の人が入居したりしてどんどん繋がっていってる感じですね」とは、この建物のオーナー、吉原住宅有限会社代表の吉原さんの言葉。

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!
冷泉荘から始まり、市内の数多くのビンテージビルを再生させた吉原勝己さん

全国から集まり、口コミで人が人を呼ぶ。ゲストも同様で、ここを見学・視察で訪れる人が連日後を絶たない。遂には「地球の歩き方」にも掲載されたそうで、もう観光地と言って良いだろう。

そんな勢いを感じさせるこちらのビルだが、第3期を担う入居者にはどんな人に来てもらいたいのか。ここを語る上で欠かせないもう一人、3代目管理人であり冷泉荘のコミュニティーマネージャーでもある杉山さんにも話を聞いてみた。

「建物をはじめとした『古いものを大切にする』、そしてそれを持続させようとする方でしたらどんな方でも大歓迎です。ただ個人的には、好奇心旺盛で興味の幅が広い方や、僕の知らないことをやっている方に来て欲しいという気持ちはありますね」

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!
常ににこやかな笑顔が特徴の杉山紘一郎さんは名古屋市出身。この鍵ボードは、先代オーナーである吉原さんのお父さんから始まり、管理人代々受け継いだ代物だそう

現在の入居者の年齢層は20代後半〜50代と幅も広く、ジャンル的にも「ごった煮」な状況。色々なものが混じっている形はそのままに、今後は築100年を目指し「持続的」で「環境型」の建物として運営していく、とのこと。

100という数字は一見壮大にも感じるが、よく考えれば冷泉荘は今が築56年。そしてそれに向けての下地は、建物的にも、文化的にもできつつあるという。

築100年時にはどれほどのムーブメントが巻き起こり、世界へ発信されているのか。そんなことも想像しつつ、興味のある人は是非、門を叩いてみて欲しい。

 ※今回だけでなく、第3期メンバーは今後も随時募集の可能性がございます。ご興味がおありの方は下記、冷泉荘事務局へご気軽にお問い合わせください。

社名/屋号

リノベーションミュージアム冷泉荘

URL

http://www.reizensou.com/

求める人物像

古い建物を大切にして賑わいを作る「ビンテージビル活動」に共感でき、文化発信を行う個人・団体・法人

募集期間

平成27年1月15日(木)〜2月6日(金)

選考プロセス

現地を見学し冷泉荘管理人又は当社スタッフと面談後、申込書類、活動のわかる資料を提出して頂きます。

備考

□募集部屋 契約条件
B24号 広さ:35.21㎡ / 10坪
用途:事務所、ギャラリー、アトリエ、スタジオなど(物販店・飲食店不可)
現入居者一覧
賃料 62,100円(税込/月額) 水町費 3,072円(税込/月額)
※原状引き渡し、改装可能、原状回復不要。(条件あり)
※別途、初期費用が必要です。
※仲介業者による紹介、代理人による見学・お申し込みはできません。

□入居可能時期
平成27年2月中旬以降(応相談)

□説明会
現地見学・説明会を定期開催いたします。詳細日時はこちらにて告知致しますので、随時ご確認下さい。
説明会以外の日時を希望する方は、冷泉荘管理人へお問い合わせください。

□問い合わせ
リノベーションミュージアム冷泉荘 事務局(杉山)
〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端9-35/A-12
【TEL&FAX】 092-985-4562 【営業時間】 10:00~19:00 【定休日】 毎週火曜日

その他、詳細情報はこちらをご覧下さい。

博多のカルチャー玉手箱「冷泉荘」の新メンバー求ム!