real local 山形 » 山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集【仕事】

山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集

求人情報

2021.01.07

山形市旅篭町の「山形市売上増進支援センター Y-biz」(以下、Y-biz)で、バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集します。センター長の富松希さんにY-bizのサービスについて、Y-bizで働くことについて、お話をうかがいました。

山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集
写真提供 山形新聞社
山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集
Y-bizは「山形市ビジネスサポート協議会」によって運営されている。

Y-bizは、2019年1月にオープンした、Bizモデル型経営相談拠点です。

Bizモデルとは全国20箇所以上に広がる自治体主導の中小企業支援の取り組みのことで、売上アップに特化した相談を何度でも無料で受け付けています。

センターをお訪ねしたところ、そこには木の床やテーブルに観葉植物の緑がはえる、まるでカフェのような空間が広がっていました。山形市と相談しながら「できるだけリラックスした雰囲気で、事業者さんにお話いただきたい」という思いを込めて、空間づくりを行ったといいます。

山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集
センター長の富松希さん。広島県出身。総合電気メーカーの研究所、コンサル会社、マーケティング分野でのカナダ留学を経て、2018年9月に山形へ移住。

山形市はものづくり、農業、飲食店や食品産業をはじめ、多様なビジネスがバランス良く集積しています。Y-bizでは業態、業種を問わず、幅広い内容の事業相談を受け付けています。

自分の事業の強みや課題は、なかなか客観視しづらいもの。Y-bizでは、丁寧にヒアリングし、多くの事業者が掲げる「売り上げを伸ばすこと」などの目標にむけて、販路の拡大、新規分野の開拓、新商品の開発などの方法について、「具体的に」「根拠のある」提案を行っています。

例えば、情報発信の方法については、無料のホームページ作成ツールを使ったwebサイトの作成支援や、事業規模や事業スタイルに合わせて、どんなページをつくると効果的か、SNSではどんな情報を出していくか、といった具体的なアドバイスを行っています。

さらに、似た業界や同じくらいの規模の企業やお店が実際に成果を出している事例を紹介することも。成功事例を参照しながら、各事業者に合わせた方法に落とし込んでいけば、成果を出せる可能性がある。思いつきで試すのではなく、根拠あるアドバイスのもと新しい挑戦ができることも、Y-bizの大きな特徴です。

完全予約制で、いち事業者につき1回60分を目安に、日々あらゆる業種のお店や中小企業の方々が相談に訪れます。山形市は創業100年を超える老舗企業が多く、歴史を継承しながら時代に合わせたチャレンジがしたいと相談を受けるケースも。

オープンから2年の間で、相談に訪れた事業者(創業前の個人の方を含む)は500者を超えています。段階的に課題に取り組むため、何回も通われて継続的にお付き合いする事業者が多いといいます。

山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集
Y-bizでは、「伴走者」として、継続的なサポートを提供している。

オープンから2年。多くの成果を生み出してきました。

例えば、老舗の仏壇専門店のサービスの見える化の取り組みでは、お客様から相談があれば個別に提供していたもののあまり広く知られていなかった仏壇の小型化や他の家具にリメイクするサービスに「仏壇・仏具のお仕立て直しサービス」と名前をつけ、わかりやすくメニュー化することを提案。チラシの作成や情報発信をサポートした結果、県外や首都圏からの問い合わせが増えるなど新規の受注につながっているそうです。

また、コロナ禍においても成果は生まれています。例えば、店舗への集客が難しくなったペットショップに対し、水槽を外部に搬送し設置する法人向けサービスを以前から行っていた強みを活かして、アクアリウムをデリバリーするという新サービスを提案。企画から、「おうちに水族館」というネーミングや情報発信までトータルでサポートしたそうです。日本初となるこのデリバリーサービスは、県内メディアのみならず東京のテレビ局からの取材もあり、コロナ禍にも関わらず売上を大きく伸ばす好結果に。

「個々の事業者さんが持つ引き出しの中から、まだ世に知られていないキラリと光る宝物を見つけて、サービス化したり、ネット時代に合わせた情報発信について一緒に考えたり、さまざまなご提案をしています。事業者さんにビジネスの新たな可能性を感じてもらえることが、なにより嬉しいです」(富松さん)

山形市域の中小企業の売上アップをサポート「Y-biz」/ バックオフィス(広報・事務)担当とITアドバイザーを募集
現在は4名のアドバイザーと、事務や案件管理を専門とする運営スタッフ2名の合計6名のスタッフで運営中。

こうした地域の事業者さんを応援するY-bizの活動を、バックオフィスとして、または専門アドバイザーとして支えるチームメンバーを募集しています。

日々さまざまな事業の相談が寄せられ、多くの情報とアイディアが行き交う職場。山形市のあちこちで展開されていくビジネスを、間近で感じられる仕事です。

「新型コロナウイルス感染症の影響で、ビジネス環境が大きく変わろうとしています。Y-bizはオープンして2年となりますが、今後さらに、事業者さんの幅広いニーズに対応できるよう各種専門アドバイザーなどスタッフ増強を図り、相談体制の強化を進めていきます。

それに合わせバックオフィス業務についても、改めて整備が必要な部分も出てきます。主体的に考えて動き、新しいことに挑むチャレンジ精神旺盛な方に来ていただけたら嬉しいです」(富松さん)

 

*****

 

◆募集職種A:バックオフィス(広報・事務)担当

仕事内容 

  • ・広報企画業務
  • ・事務業務補助

 

<広報企画業務>

Y-bizのWebサイトの記事、SNS(Facebook)やブログによる発信・更新業務。Y-biz事業やセミナー等企画に関する広報文書・チラシ作成など。

各種セミナー・イベントの運営補助

<事務業務>

相談内容のデータ入力(エクセル等使用)や文書作成(ワード、パワーポイント使用)、アドバイザーのスケジュール管理、相談予約管理、受付対応、電話対応、関係機関との連絡調整など

その他、センター長が必要と認める業務

給与/報酬 

年俸240万円~360万円 ※スキル・経験により考慮

福利厚生:有給休暇、社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険

勤務地   

山形市旅篭町3丁目5番1号 須藤ビル1階

勤務時間  

8時30分~17時15分(うち1時間休憩)

※スキル・経験により短時間勤務も考慮可

休日休暇  

土曜日、日曜日、祝日および年末年始、

応募資格  

上記業務内容に関する経験を有する方

地域の中小企業者や起業家を尊敬できる方

雇用形態  

年俸制(1年更新/初回は2021年3月末までの契約)

 

◆募集職種B:ITアドバイザー

仕事内容 

  • ・Webマーケティングに関する専門的な知識・スキルを活かした相談業務
  • ・Y-biz広報企画業務のサポート

 

<相談業務>

Webサイト、ブログ作成、アクセス解析・SEO対策に関するサポート、SNS活用に関するサポート、コンテンツライティングに関するアドバイス

<広報企画業務のサポート>

Y-bizのWebサイト・ブログ・Facebookの発信・更新業務サポート

給与/報酬 

20,000円~/日 (交通費・源泉所得税込み)

※スキル・経験により考慮

勤務地   

山形市旅籠町3丁目5番1号 須藤ビル1階

勤務時間  

8時30分~17時15分(うち1時間休憩)

応募資格  

Webサイト制作・SNS活用・webマーケティングに関する経験を有する方

地域の中小企業者や起業家を尊敬できる方

雇用形態  

月曜日~金曜日および月1回の土曜日のうち、週1~3回程度

(曜日、勤務時間帯は応相談。祝日は除く)

依頼に基づく謝金制

社名/屋号

山形市売上増進支援センターY-biz

URL

https://ybiz.jp/

選考プロセス

書類審査後、面接。

随時、応募を受け付けます。

履歴書と職務経歴書(任意様式)を作成し、メールで以下の連絡先にご応募ください。

書類選考のうえ、通過者のみ面接を行います。

適当な人材が見つかった場合はその時点で募集を終了します。

 

■問い合わせ先

山形市売上増進支援センターY-biz
ディレクター堀野

電話:023-616-7900
メール:support[a]ybiz.jp [a]を@に換えてください