real local その他 » 奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!【仕事】

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!

人材募集

2020.06.20

※終了しました。

大和、まほろば。

古代から変わらず神が宿り続ける奈良の地で、一度見失ってしまった神様を、現代になってもう一度見つけ出した場所があります。それが、奈良最古の醤油の蔵元、マルト醤油の醸造蔵。

2020年夏、そんなマルト醤油が代々醤油を造ってきた歴史ある建物を宿泊施設として再生します。今回は、そこで一緒に働いてくれるスタッフを募集します。

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
風が吹いた。一面に広がる黄金の稲穂が波打ち、風の通る道ができる。
それはまるで、目に見えない何かが軽やかに走り抜けていったようにも見えた。

マルト醤油の復活

マルト醤油のある田原本町(たわらもとちょう)は、近鉄奈良駅から電車で30分ほど。奈良山丘陵、大和高原、竜門山地、生駒・金剛両山地に囲まれた奈良盆地のちょうど中央に位置するこの町は、平坦な地形と町内を流れる大和川の水運に恵まれて悠久の昔から農作と交流が発展し、古くから人々の暮らしが営まれてきた土地です。

1689年(元禄2年)、そんな田原本町で創業したマルト醤油は、原料にも物流にも恵まれたこの土地で、約260年間、醤油の醸造を続けてきた奈良最古の醤油の蔵元。

大和川周辺で栽培される大豆と小麦を原料に、蔵付きの酵母で丁寧にじっくりと造り上げた醤油は皇室でも使われていたほど質の高い醤油でした。
奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
醤油の原料となる大豆と小麦。マルト醤油では、創業以来ずっと大和川周辺で育てられた地元産にこだわっている。
奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
当時使われていた醤油の樽栓が今でもマルト醤油の蔵に残っている。

しかし、第二次大戦後、物資不足が原因で納得のいく醤油づくりが続けられなくなり、1949年頃、17代目当主の時世にマルト醤油は已む無くその醸造の歴史に幕を下ろしました。

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
当時マルト醤油で働いていた人々。これだけ多くの人が関わっていたのだ。

「おそらく、無念やったと思います。蔵付きの酵母をずっと引き継いで、地域と一緒になってやってきた醤油造りを、自分の代で終わらせることは。」

そう語るのは、17代目当主の孫にあたる、木村浩幸(きむら ひろゆき)さん。18代目の蔵元当主です。

「祖父が無念のうちに終えた醤油造りを孫の自分がもう一度復活させることは、自分の使命のように感じていました。」

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
写真中央が現マルト醤油18代当主の木村浩幸さん。

当時の蔵が、道具が、醸造方法の一部を記した古文書が、ほぼ全て閉業当時のまま残っていたのは、先代が後世に醤油造りの復活を託したかったからなのかもしれません。そんな先代の無言の祈りは、孫の浩幸さんと蔵の天井に眠っていた酵母によって、現代に実現することとなるのです。

「醸造蔵として使っていた蔵の天井に、マルト醤油の醸造に不可欠な蔵付き酵母が残っていたんです。これでもう一度マルト醤油を造れる、と思いました。」

昔の人は、発酵の現象を見てそこに神の力が宿っていると感じたそうです。

70年間の休息を経て再び醸造が始まるマルト醤油の蔵。もう一度、神様の息遣いを感じられる場所になりました。

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
酵母菌が残っていた醸造蔵。ここで70年間、酵母はひっそりと眠っていた。

 

日本初!醤油の醸造蔵に併設する宿泊施設

醤油の復活をきっかけに、遊休化していたマルト醤油の蔵と母屋をレストランと7室の客室がある宿泊施設として活用するプロジェクトが始動。2020年夏には、大和の醸造文化を継承、発信する場所として再スタートします。

「実際に醸造している醤油蔵に宿泊できる施設は、国内ではここが初めてだと思います。」

そう、当主の木村さんは言う。
確かに、醤油が造られている同じ場所に泊まるなんて経験はそうできないだろう。客室になる部屋の一つはその昔、醤油を造る蔵人が寝泊まりしていた部屋だという。

「マルト醤油は奈良最古の醤油蔵ですが、この近くには奈良最古の酒蔵もあるんです。醸造という昔の人の知恵と工夫、そこから生まれた食文化の豊かさ、そうしたものを、ここでの滞在を通して伝えていきたいと考えています。でも、お客様にこちらから押し付けるようなことはしたくない。現役の醤油蔵だからこそ出来る体験や食事を提供するだけ。そこでお客様が何かに気付いたり、感じたりしてもらえれば嬉しいですね」

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
大豆と小麦、塩から、旨味のある醤油が出来る。この土地の気候で、地元原材料を使ってじっくり人の手で作る醤油だから、年ごとに風味も変わってくる。醤油は生き物なのだ。

田原本町は、奈良の中でも「都」ではなく「村」として脈々と暮らしが営まれてきた地域。
マルト醤油が造りだす新しい宿は、そんな土地でお客様をもてなす場所になる。部屋を整え、食事を用意し、庭に出て花がらを摘み、玄関に水を打つ。プロの姿勢ではなく、村人が客人をもてなすように、土地に人を招き入れる。

お客様に説明できるよう、土地のこと、歴史のこと、実際の仕事以外で色々と覚えなくてはいけないこともあるだろう。接客の経験はあるに越したことはないが、未経験でも構わない。

「この土地に支えられてずっと醤油を造り続けてきた家だからか、ふと、自然と感謝する気持ちになります。この土地と共に生きてきた地域の人々やご先祖様、長い年月見守ってきたてくれ神様に。だから、今度は私たちが、今まで伝え続けられてきた暮らしや文化を次世代に残してあげたい、という想いがあります。新しくできる宿は、そういうことを形に出来る場所にしたい。なので、一緒に働いていただける人は、そういうことに喜びを感じられる人だと良いなと思います。」

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
立派な鬼瓦が残る醤油蔵の大和棟。現在改修が進められており、2020年夏、宿泊施設として生まれ変わる。
奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
敷地の中には母屋、醤油醸造所、蔵が建ち並ぶ。
奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
蔵の中でひっそりと眠り続けていた醤油造りの道具たち。

 

「ここは、日本人の暮らしの原点のような土地。大昔、稲作が根付いて、発酵文化が育まれ、そして豊作を祈る舞の原点も、ここ、田原本町で生まれたと伝わっています。この地で暮らしてきた人たちがその文化を脈々と伝え続けてくれたからこそ、今があり、マルト醤油も復活することが出来た。地域の暮らしが変わらず残っていたおかげです。」

木村さんは笑顔でそう語ります。

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
奈良盆地には、大和川の支流となる川が血管のように流れている。豊かな水流は土地に惠みをもたらすが、洪水の危険性も孕んでいる。自然に対する感謝と畏敬の想いは、いつしか祈りに変わる。
奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!
田原本町にある村屋神社。国譲りをされた大物主命の妃・三穂津姫命が祀られている。
ここで生まれた舞が現在の神楽の原型になっていると考えられている。

 

マルト醤油は、未来に向けて日本の食文化を紡いでいこうとしています。そのビジョンは壮大で、簡単なものではないかもしれません。
けれど、もしあなたがその想いに共感し、興味を持ってくれるなら、是非一緒に働きませんか?

 

お問い合わせ、お待ちしています。

ご質問・お問い合わせは下記問い合わせ先へお願い致します。
※問い合わせ時はreallocalを見たというとスムーズです。

■問い合わせ先
株式会社マルト 求人担当者
TEL:0744-32-2064
MAIL:kimura@maruto-shoyu.co.jp

マルト醤油についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください。
マルト醤油の製法
マルトの歴史

宿泊施設についてもっと知りたい方はこちら。
NIPPONIA 田原本 マルト醤油

募集職種

レストラン・宿泊サービススタッフ

雇用/契約形態

正社員、パート・アルバイト

契約期間

要相談

給与/報酬

・正社員 月給25万円~
※経験や技能、実力により優遇 
・パート、アルバイト 時給900円

待遇

制服貸与
研修期間有り

仕事内容

接客、清掃、食器洗浄等

勤務地

奈良県磯城郡田原本町伊与戸170
NIPPONIA田原本 マルト醤油

休日休暇

正社員:1日8時間
パート、アルバイト:1日4時間~

求める人物像

地域に溶け込み人とのコミュニケーションを楽しめる人
※接客業の経験がなくても構いません。

募集期間

~2020/6/30

採用予定人数

数名予定

選考プロセス

まずは上記問い合わせ先までご連絡ください。
その後、書類選考、面接となります。

備考

※その他詳細についてはお問い合わせください。

奈良最古の醤油蔵が宿泊施設として今夏開業! 運営スタッフを募集中です!