real local 神戸 » 今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります【イベント】

今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります

ミライの学び舎in淡路島 5月25日〜31日

※終了しました。

ここ数年、周りにいる何人もの人からこのイベントはすごいよ!と聞いたイベントがある。その名も「縄文まつり」。

昨年までは、淡路島の山の中にある廃校になった小学校を舞台に開催されていて、僕らも初めて行ってみたが、「素晴らしい」の一言。

今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります
昨年の様子より。職人たちがこの日だけのために創り上げる「ミライの音楽祭」のための有機的ステージ。さまざまなアーティストが奏で歌う。

淡路島は神戸の西、須磨や垂水の対岸にあり、神戸市中心部から30分程度の距離感。遊びに行くイメージが強かった淡路島だが、昨今は、写真家とアーティストのカップルが移住して廃校になった建物を再利用したアートスペースができたり、陶芸家のアトリエがつくられたりと、移り住んだ人たちが淡路島を面白くしつつある。

「縄文まつり」は今年から開催地が淡路島東側の海に近いロケーションになり、名前が「ミライの学び舎」という名称に変わり、開催時期も秋から春に。「ミライの学び舎」はNPO法人の名称でもあるのだが、その理事メンバーは、アーティスト、ミュージシャン、染め師、デザイナー、茅葺職人、左官職人などの豪華メンバーによって構成されている。ワクワクするメンバーの企画するイベントが今から楽しみである。

以下、主催者からの紹介です。

今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります
「ミライの学び舎 in 淡路島」イベントのポスター。

ミライのために大切にしたいこと、残したいこと、そして創っていきたいこと。このコンセプトをもとに、5月25日から31日の一週間、3つの「学び」のひ。を開催します!

■5/25-27 

はじまりを飾るのは、5/25(月)-27(水)、ミライの「纏う」「食べる」「からだをみつめる」のひ。宿泊型で淡路島の植物を摘み、そこから色をいただき、染め、衣をつくる。火をじっくり使う料理、火をまったく使わない料理のふたつの極を知り、からだの声を聴き、「自分のここ」という心地よいバランスを見つけて頂く3日間となります。

案内人/〈纏〉 澤野 孝・由布子(kitta) 〈食〉 ささたくや(TABI食堂)、どいちなつ 〈からだ〉笹山かおり(rainbow sasa)

■5/29

29日(金)は、ミライの「住む」のひ。茅で屋根をふく。土で壁をこしらえる。草木花や石で景色を生み出す。自然にあるものを生かした、昔ながらの家をつくる技術を世界的に活躍する「かやぶき」「左官」「庭」の若手職人たちから直接学び、つくる、参加型ワークショップ。

案内人/相良育弥(茅葺職人)、都倉達弥(左官職人)、山口陽介(庭人)

今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります
5月末まで淡路島全島を使って行われている「あわじ花博」のメイン会場でもある「夢舞台」が、今年のミライの「まつり」会場となります。

■5/30-31

そして5月30日(土)31日(日)の2日間はこの1週間の最後を飾る、ミライの「まつり」のひ。

映画やお話、音楽、マルシェやワークショップと、今年も盛りだくさんな内容です。

今年も「音楽祭」ステージに出演アーティストの皆様は、とても豪華。。

「LITTLE CREATURES」などのメンバーとしてもとても有名ですが、UAをはじめたくさんのアーティストへの楽曲提供や、映画音楽なども手がけられている音楽家・青柳拓次さん。全国にて開催され人気の、とても素敵な「声」や「からだ」をつかうワークショップも開催してくださいます!

3年連続の出演となります高木正勝さん! 今年は「うたがき」製作時のバンドメンバー3人、さらに+スペシャルゲストという豪華スタイルにてご出演!

世界的に有名なディジュリドゥ(世界最古の管楽器)奏者・GOMAさんがついに! 淡路島にての初ライブ!!

そしてあの鹿児島「しょうぶ学園」より、30名を超える音パフォーマンス集団「otto&orabu」がやってきてくれます!!!

さらに歌姫・UAさんの出演も追加決定、初夏の淡路島の空に美しい歌声が舞います!!!

5/30公演/高木正勝、青柳拓次、UA
5/31公演/しょうぶ学園「otto&orabu」、GOMA

今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります
NPO法人「ミライの学び舎」の理事メンバーたち。
今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります
鹿児島「しょうぶ学園」より、30名を超える音パフォーマンス集団「otto&orabu」がやってきます。

そしてそして「縄文まつり」のときから引き続く、このイベントの大きな見どころのひとつは、職人たちがこの日だけのために創り上げる「ミライの音楽祭」のための有機的ステージ。今年はなんと、「里山」というテーマのもと、職人が空間すべてを手がけます!

「見る」だけではなく「触れる」こと、それは「学び」の基本となると思います。自分の中の何かが揺さぶられるようなカケラが散りばめられた、今年の「ミライの学び舎」の1週間。そんなミライのカケラ探しを楽しみに、そして一緒につくりにお越しください。

(ミライの学び舎/代表理事 笹山かおり)

日時

2015年5月25日(月)〜31日(日)

会場

淡路夢舞台(野外劇場・芝生広場)

住所

兵庫県淡路市夢舞台2

TEL

080-9165-5226

URL

 公式HP http://www.mirainomanabiya.com/

FACEBOOK https://www.facebook.com/jomonfes

メール info@mirainomanabiya.com 

料金

各日によって異なります。公式サイトよりご確認ください。

なおミライの音楽祭は前売りチケットがございます 《1日券》各4,800円《2日券》6,800円 ※小学生以下無料、中高生半額

購入は公式サイトよりお願いします

公共交通

高速バス・三宮(片道930円)/高速舞子(片道510円)⇔淡路島夢舞台前
http://www.hoshino-bus.co.jp/time/oiso.html

お車の場合
《大阪・神戸・姫路・岡山方面から》神戸淡路鳴門自動車道、淡路I.C.から国道28号を南に約5分
《四国方面から》神戸淡路鳴門自動車道、東浦I.Cから国道28号を北に約5分

詳しくは公式サイトより

駐車場

淡路口臨時第一駐車場が当イベント指定の駐車場となります。それ以外の駐車場は18時に閉場します。出庫できなくなりますのでご注意ください。

主催

NPO法人ミライの学び舎

備考

【協力】淡路市・あわじ花博・夢舞台

今年もいよいよ淡路島を舞台に始まります