real local 湘南 » 湘南一小さなポテト屋から【店】

湘南一小さなポテト屋から

藤沢市 KugenumaToricot

北海道のじゃがいもを、湘南で食べる。
「ここは、縁があったものや、人を、結んでいくロープみたいな存在なんです」

湘南一小さなポテト屋から
KugenumaToricot:お店を切り盛りするスタッフ・加茂さんにお話を伺った。

小田急江ノ島線「鵠沼海岸」駅を中心に南北へ広がる、鵠沼海岸商店街。
地元住民が向かうスーパーの手前、そろそろ商店街の切れ目になりそうだ、という地点に、その小さな店はある。

Kugenuma Tricot(鵠沼トリコ)
北海道十勝産のじゃがいもを使って、ワンハンドで丸ごと食べられるフライドポテトを提供する。

湘南一小さなポテト屋から
ココナッツオイルで丸ごと揚げられたポテト。使用された品種ごとに、味わいにも違いがある。この日提供されていたのは「サヤアカネ」。

広さにして、わずか1坪程度。店、というよりも小さなキッチンの入った箱、といったイメージだ。その中から、深いブルーのオーニングと、パンチの効いたカウンターが飛び出してくれば、まもなく開店の合図。

湘南一小さなポテト屋から
営業日は週に一度、土曜日のみ。不定休の時もあるから、出会えたら、ラッキーだ。

「つながりの中で偶然生まれたのが“KugenumaToricot”」

もともとは、同じ敷地内に建つ賃貸アパートのため、住人用シェアキッチンを目的に建てられたものだったが、運営前に店舗へと方向転換を図る。

どんな店にするか?
様々なアイディアは生まれたものの、すでに建てられたキッチンのサイズは1坪しかない。

現実的な制限の中から、今の姿「湘南一小さなポテト屋」としてオープンしたのが、2016年の6月のこと。

 

湘南一小さなポテト屋から
カップにも記されたロープモチーフのロゴ。

単純に、店をやることが目的ではなかった。作りたかったのは、コミュニケーションの拠点。

「ロープのように、編み物のように、バラバラだったものがつながっていくこと」

その理念は、ショップロゴに採用されているモチーフの “ロープ”や、フランス語で編み物を意味する店名“toricot”に表れている。

湘南一小さなポテト屋から
アメリカのコットン工場の古材が利用されたかっこいいカウンターも、縁あって作ってもらったという特注品。

「強烈なこだわりで、どうしても北海道じゃなきゃ、湘南じゃなきゃ、というのではない。

たまたま出会った中で、これいいね、と感じるものがあって。じゃあそれを今いる場所、行ける場所で広めていこうか、みたいな。

Toricot自体、イベント出店をすることもあって移動している。

関わる地方も、今までは北海道のじゃがいもだったから、今度は九州のもの、とか。どんどん増えていけたらいいと思います」

湘南一小さなポテト屋から
使用するじゃがいもは、別の仕事関係で関わっていた十勝の農場「折笠農場」から仕入れる。「なくなったらその日の販売は終わり。足りないから近所で材料を買ってきて、という手段は取りません」
湘南一小さなポテト屋から
じゃがいもと同じく、折笠農場で栽培される大豆のきな粉。天候などが原因となって、じゃがいもが手に入らないときは、きな粉を使った揚げパンがメインを担う。

「オープンして、地域の人に受け入れられたと感じられるのは有難い。買い物途中のお子さんや、年配の方が、楽しんで買って行ってくれる姿を見られるのは嬉しいです」

コミュニケーションを大切にしていく中で、何ができるか、どんな変化が生まれていくか。

今後、やってみたいことは「マルシェイベントをこの場所で開催すること」。 

湘南一小さなポテト屋から

湘南一小さなポテト屋の、これからが楽しみだ。

名称

KugenumaToricot

業種

食品販売

URL

https://www.facebook.com/kugenumatoricot/?fref=ts

住所

藤沢市鵠沼海岸3-2-13

TEL

070-4428-4996

営業時間

土曜日・12:00~16:00

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

湘南一小さなポテト屋から