real local 湘南 » HYDRO Shapes and Designs 安藤清高さん【この人】

HYDRO Shapes and Designs 安藤清高さん

カスタムメイドのスケートボードはいかが?

HYDRO Shapes and Designs 安藤清高さん
安藤さんのQiver。サーフボードと一緒にスケートデッキもずらりと並ぶ

と、突然言われてもピンと来ない人が殆んどかもしれない。

でも、カスタムメイドのサーフボードを作った経験がある方は結構いるんじゃないだろうか。それに近い感覚でスケートボードもカスタムメイドできてしまうのだ。

作っているのは安藤清高さん。生粋の湘南ローカルサーファー、スケーター、そしてサーフボードシェイパーという顔も持ち合わせている。

この辺りの若者が辿る自然な流れで小学生の頃にスケートボードを始め、その延長でサーフィンもするようになったという安藤さん。サーフィンの世界に傾倒していくにつれ「自分の削った板に乗りたい」という思いが強くなり、遂には作り手の世界に飛び込んだ。10年前に自身のブランド「HYDRO Shapes and Designs」を立ち上げ、湘南を中心に活動している。

スケートボードは本業であるサーフボード制作の合間に自分の板を削ったのがきっかけ。はじめのうちははごく親しい仲間からオーダーを受け流通させていたが、地元サーフショップに置いたサンプルを見たお客さんからオーダーが入ったことで手応えを感じ取り組みを本格化、サーフボードと並ぶプロダクトにまで成長させた。

HYDRO Shapes and Designs 安藤清高さん
大量に積み上げられたプライウッド。これを型抜きして一枚一枚仕上げていく。手間のかかる作業なのだ。中央の写真は使われなくなった古いスケートボードを再生したクルーザーデッキ

スケートボードも現役というだけあって、扱うデッキは往年のサイドウォークから、主流のダブルキック、ロングボードやクルージング用のものもまで守備範囲は広い。サイズやカラーリングはもちろん、希望があればデッキ以外のパーツ構成も相談にものってもらえるので、完成した(つまり乗れる)状態で受け取ることも可能だ。

HYDRO Shapes and Designs 安藤清高さん
ビビッドな色使いのボードたち。最近では小さなクルーザーデッキをオーダーする女の子や、ディスプレイ用に発注を受けることも増えてきているとか。ガンガン使って乗り倒してもらうことが本懐だが、独特な色使いのデッキは部屋に置いてあっても絵になる

サーフィンとスケートボード、両者からのインスピレーションを受けとめ、それぞれのプロダクトに反映させているという安藤さん。波乗りをする人はサーフボードと一緒に陸トレ用のデッキをオーダーしても面白そうだ。思いもしなかった相乗効果が得られるかもしれない。

URL

http://www.hydrokamakura.com

購入方法

商品の詳細は「PRODUCTS」メニューから。

デッキのオーダやお問い合わせは「CONTACT」からメールを送信して頂ければ個別に対応致します。