real local 鹿児島 » 灯る絵画と歌うピアノ【イベント】

灯る絵画と歌うピアノ

ランテルナムジカによる夜の幻燈演奏会

※終了しました。

秋の夜長、自然に囲まれたのどかな場所で素敵な演奏会が開かれます。

灯る絵画と歌うピアノ
Lunternamuzica(ランテルナムジカ)は幻燈と音楽を組み合わせた新しい言葉。

あたたかい灯りで映し出される絵画と歌うピアノが織りなす幻燈演奏会は、音学会のようで美術鑑賞会のよう・・・不思議だけど、なんだか心地よい世界が広がります。そんな、いつもとは少し違う演奏会へ出かけてみてはいかがでしょう。心地よい音楽をバックに美術鑑賞するのか、美しい幻燈を景色に音楽に浸るのか。それは、あなたの気分次第。楽しみ方は自由です。

音楽家のトウヤマタケオ氏が奏でる音楽と画家のnakaban氏によって繰り広げられる幻燈のライブ・プロジェクトLanterunamuzica。音楽と幻燈で見るものを幻想的な世界へ導きます。

Lanternamuzica
音楽家のトウヤマタケオと画家のnakabanにより2010年に結成。これまで美術館公会堂、電車、カフェ、海辺のレストラン、雪国の温泉、ロックフェスティバルなど全国各地のさまざまな会場でライブを行って来た。2018年、ライブ会場のみで販売のダウンロード式の映像作品「Lanternamuzica」をリリース。

トウヤマタケオ
音楽家。1965年兵庫県生まれ。広島県在住。作曲、ピアノ、声、諧謔、郷愁、D.I.Y.ピアノ弾き語りの他チェリスト徳澤青弦とのデュオ”Throwing a Spoon”、8ビート偏愛バンド”PATO LOL MAN、”旅する幻燈楽団ランテルナムジカなど活動は多岐に渡る。

nakaban
画家。1974年広島県生まれ。広島県在住。旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、イラストレーション、絵本、文章映像作品を発表する。『ランテルナムジカ』では映像を担当。最新作は絵本『ぼくとたいようのふね』(BL出版)

灯る絵画と歌うピアノ
今回は地元鹿児島のアーティストBLACKTAPEも参加。

BLACKTAPE
2008年、伊集院浩久(piano)・松元彰央(bass)の2人により結成。クラブやライブハウス、野外フェスなど多くのステージを経てメンバーチェンジを繰り返し、2012年 下池奈津子(Vocal)加入。 ピアノ、ベース、ボーカルの3人編成によるビートレスなグルーヴを追求する現在のスタイルへ移行する。同年より、地元 鹿児島のアーティストとミュージシャンを繋ぐ事をコンセプトにしたイベント『ジャメビュ』をスタートさせる。鹿児島県内外より注目を集めている。

日時

2018年9月29日(sat)

18:00open/19:30live start

会場

classic

住所

鹿児島県姶良市蒲生町北370−1

料金

前売  一般 ¥ 2,500 ※30名限定 

         学生(小学生〜大学生) ¥1,000 
当日  一般 ¥ 3,000 ※晴天時のみ(人数制限なし)

    学生 (小学生〜大学生)¥1,500

1ドリンク付

未就学児無料(キッズスペースあり)

主催

LUG BAG MUSiC

備考

※晴天時は野外、雨天時はclassic店内での開催

※食事・飲みもの販売あり

予約/問合せ:099-573-4986 (LAGBAG MUSIC)
       hello@lagbagmusic.com


灯る絵画と歌うピアノ