real local 金沢 » 気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。【仕事】

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。

「酒屋 彌三郎」で料理人・ホールスタッフ募集

※終了しました。

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
もとの町家の古いガラス窓や建具をそのまま活かした「酒屋 彌三郎」の外観

老舗料亭が居並ぶ美食の街・金沢にあって、若々しい光を放つ気鋭の和食店がある。2014年に金沢市本多町で暖簾を上げた「酒屋 彌三郎」。現在料理人とホールスタッフを募集している。

金沢21世紀美術館や兼六園にもほど近い路地裏に、そのお店はひっそりと佇む。約90年前に建てられた町家を改装した店舗に、パリッと清潔な白い暖簾があがり、「酒屋 彌三郎」の文字が。

 

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
店主・荒木和男さん。30代後半という若さにして、金沢和食界に新風をもたらしている

「実家が酒の卸業をやっていたので『酒屋』が屋号だったんです。ちなみに『彌三郎』というのはひいおじいさんの名前。僕がお酒好きなのも、その影響かもしれません。笑」

酒屋の血を受け継ぐ店主・荒木和男さん。奥様もワインアドバイザーの資格を持っており、夫婦揃って大のお酒好き。だからだろうか、彌三郎のお品書きは、どれもお酒がぐいぐい進む。平日であっても仕事上がりの人々が、彌三郎の暖簾に次々と吸い込まれていくのはそのためだろう。

和食とワインのマリアージュも積極的に提案しており、特に自然派ワインにこだわっている。「自然派ワインには、だしのような旨みやフレーバーがあって、和食とより合わせやすいと思うんです」

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
錫の酒器と、彌三郎のお猪口
気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
「炙り雲丹のせ くるみ豆腐 白味噌仕立て」。クリーミーで濃厚な旨みの合わせ技
気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
同店名物「彌三郎のポテトサラダ 燻卵添え」。パンチェッタとマスタードを合わせたソースはお酒との相性抜群
気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
カウンター席の他に、1Fにテーブル席と2Fにお座敷がある

荒木さんは金沢市出身。東京で10年、下北沢や銀座の和食店で料理人として腕を磨いた後、一昨年金沢に戻ってきて同店を開いた。

「ありがたいことにお客様にも可愛がっていただき、東京での日々もとても充実していました。けれど、いざ自分の店を持とうと考えたとき、東京でやる意味が見いだせなかったんですね。そこで初心に帰って、金沢で店を出そうと決心した瞬間、不思議といろんなシーンが浮かんできました。金沢は古くからの良いものが今も息づく街。この町家もそうですし、器ひとつとっても同様です。一度金沢を離れたからこそ気付けた金沢の素晴らしさを、料理というかたちで伝えていけたら」

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
「漁師さんや農家さんなど、一生懸命仕事をしている方々が身近にいることも素晴らしい。東京だと、言葉でしか伝えられなかったものが、よりリアルにお客様にも感じ取っていただけると思うんです」

彌三郎はカジュアルでありながら、「居酒屋」ではなく「和食店」という呼び方が相応しい。供される料理には四季折々の食材を活かす、きめ細やかな仕事がなされており、お酒は進めど、どれも極めて繊細な味わいなのだ。

「実はうちの店はBGMをかけていないんです。包丁の音や、炒めものや揚げものの音——、料理が出来上がっていく『音』も、食事の一要素として楽しんでいただけたら」

カウンターの目の前で繰り広げられ調理の光景にはライブ感があり、まるで手際の良い料理人たちが奏でるジャズセッションのようだ。またその合間に実にさりげなく、料理人達がお客様に話しかけている。

「ただ単に『喋る』ためにお話ししているわけではなく、お客様が求めていらっしゃるサービスを提供するために必要な情報を、会話から読んでいます。たとえ常連さんであっても、その日によってお好みもシチュエーションも異なりますから」

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。
お客様と和やかに会話する荒木さん。料理とお酒の新しい組み合わせも提案してくれる

そんな彌三郎が求める人材とは、どんな人なのだろうか。

「食事は、料理自体はもちろん、お酒や器、サービスを含めてトータルに愉しんでいただくもの。だからこそスタッフとなっていただく方は、サービス業が好きな方だと嬉しいですね」

堅苦しくないのに折り目正しく、カジュアルでありながら本流。金沢の和食業界の座標軸に、またひとつ新しい点を打った「酒屋 彌三郎」。ここで働くということは、和食の基本はもちろん、新しい感覚を体得していくことを意味する。金沢の「今」を感じられる和食店、私自身いちファンとして、素敵なスタッフが入ってくれることを切に願っている。

社名/屋号

酒屋 彌三郎 (さかや やさぶろう)

募集職種

料理人、ホールスタッフ

雇用/契約形態

正社員

給与/報酬

月給180,000円~

(試用期間1カ月あり)

待遇

社会保険完備、食事付き、制服貸与、車通勤可、社員研修あり

仕事内容

調理業務、店内業務全般

勤務地

石川県金沢市本多町3-10-27

勤務時間

12:00~24:00(休憩あり)

休日休暇

毎週日曜、その他不定休。

(お盆、正月、GWも休みあり)

求める人物像

未経験者歓迎 ※ただし、社会人経験のある方

サービス業が好きな人。

採用予定人数

2名

選考プロセス

電話にてお問い合わせください。その後面談させていただきます。(担当:荒木)

TEL/076-282-9116

*電話の場合は12:00~17:00の時間帯にご連絡ください。

気鋭の和食店の“セッション”に参加しませんか。