real local北九州 » 子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ【地域情報】

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ

九州鉄道記念館

子ども達は現在春休み。
鉄道をこよなく愛する息子と、「九州鉄道記念館」に行ってきました。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ

九州鉄道記念館は、JR門司港駅からすぐの場所にあります。
JR小倉駅から門司港(終点)行きに乗って約13分。

門司港駅は歴史ある駅舎で、鹿児島本線の起点駅でもあり、0哩(ゼロマイル)標識や車両基地など、見どころいっぱいの駅です。(駅舎は現在修理・復原工事中。2019年完成予定)

この門司港駅周辺は、「門司港レトロ」と呼ばれる観光エリアとして人気です。
明治から昭和初期にかけて近代日本の港町として栄えた名残を感じる建物が数多くあります。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
駅前のロータリーの先に看板が。

 

今回は、息子の目線で鉄道記念館をご紹介します。

 

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
鉄道記念館の入口が見えてくると母を置いてどんどん先に行く息子。
子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
赤レンガが見事な本館。1891年(明治24年)に旧・九州鉄道会社の本社として建てられたそうです。

 

入口ゲート横にある「前頭部展示」。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
文字通り「前頭部」だけの展示。運転機器の操作ができます。息子は運転席に座ると必ず「指さし確認」から。

 

次に見えてくるのがちびっ子達に大人気の「ミニ鉄道公園」。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
JR九州で人気の車両を運転できます。信号もあって本格的。(有料)

館内に入る前に、地面に這いつくばってこちら↓を撮影。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
「分岐器」(ポイント)。分岐器の魅力が母にはいまひとつわかりませんが、鉄道好きな方にはこのアングルで撮影した息子の分岐器への愛がわかっていただけるのでしょうか…。

 

やっと本館の中へ。
館内は、「運転シミュレーター」や「九州の鉄道大パノラマ」など体験型のものや、貴重な鉄道関連のお宝を、見るだけでなく触ることができるものもあったりして子供も大人も楽しめます。

屋外の車両展示場には、歴代の名車両がずらりと並び、車内に入ることができるものもあります。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ
レールを丹念に触っていました。

1年に10回以上はここを訪れる息子。この日も大満足で電車に乗って帰りました。

鉄道マニアでないかたにも鉄道に触れて、楽しんでほしいです。

 

名称

九州鉄道記念館

URL

http://www.k-rhm.jp/

住所

北九州市門司区清滝2-3-29

営業時間

9:00~17:00
(入館は16:30まで)

定休日

第2水曜日
(但し7月/第2水・木曜日、8月は休みなし)

料金

入館料 大人:300円、中学生以下:150円(4歳未満は無料)
※30名以上から団体料金あり

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

子どもと鉄道に乗って、触れて、楽しむ