real local 金沢 » ジャパン・アーキテクツ 展【イベント】

ジャパン・アーキテクツ 展

金沢21世紀美術館 10周年記念展覧会

11月1日より金沢21世紀美術館で始まる2つの「ジャパン・アーキテクツ」展、「ジャパン・アーキテクツ 1945–2010」と「3.11以後の建築」。企画当初は前者の展覧会のみの開催予定でしたが、2011年に起きた東日本大震災の影響で延期となり、今回「3.11以後の建築」を新たに加える形で開催されることになりました。

見どころはなんと言っても、パリのポンピドゥー・センターに所蔵されている、戦後の日本建築史を表す図面や模型などの貴重なコレクションが勢揃いすること。そして、3.11以後にはじまった、地域コミュニティ、環境やエネルギー、公共のあり方などをテーマにした建築プロジェクトが一望できることです。

多くの建築関係者は、この展覧会のために金沢を訪れることになりそうですが、アート作品としてはもちろん、身近な社会問題にも通づる展示内容ですので、これまで建築に馴染みのなかった人にも必見の展覧会です。

*「3.11以後の建築」には、東京R不動産とE.N.N./金沢R不動産 代表の小津が出品参加しています。


ジャパン・アーキテクツ 展

ジャパン・アーキテクツ 1945–2010

概要:
「ジャパン・アーキテクツ1945–2010」はポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルー氏を監修・キュレーターにお迎えして、戦後日本において大きな役割を果たしてきた日本の建築家たちによる150を超えるプロジェクトを考察し、戦後日本建築史を紹介する展覧会です。戦後に焦土化した国土を復興し始めた1945年から2010年までの65年間を、ミゲルー氏は6つのセクションに分け、各セクションのコンセプトに対応するカラー・コードを用いて、戦後日本建築を独自の視点で刺激的に読み解いています。本展は、日本建築の資料を多数所蔵するパリ・ポンピドゥー・センターからの出品を含め、建築家たちの思考の過程を示す貴重なオリジナル作品約300点によって、日本における建築家たちの業績を展観します。

本展監修・キュレーター:
フレデリック・ミゲルー(ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館 副館長)

出品建築家・作家:
相田武文 / 青木淳 / 東孝光 / アトリエ・ワン / 安藤忠雄 / アントニン・レーモンド / 伊坂芳太良 / 石上純也 / 石山修武 / 磯崎新 / 市川創太(ダブルネガティヴスアーキテクチャー) / 伊東豊雄 / 乾久美子 / 内田祥哉 / 海老原一郎 / 遠藤秀平 / 大江宏 / 大髙正人 / 大谷幸夫 / 菊竹清訓 / 北川原温 / 隈研吾 / 倉本龍彦 / 黒川紀章 / 坂倉準三 / 坂本一成 / 佐藤光彦 / 妹島和世+西沢立衛(SANAA) / 重田良一 / 篠原一男 / 白井晟一 / 鈴木恂 / 鈴木了二 / 高橋靗一(第一工房) / 髙﨑正治 / 高月昭子 / 高松伸 / 谷口吉生 / 谷口吉郎 / 丹下健三 / 武井誠+鍋島千恵(TNA) / 手塚貴晴+手塚由比 / 内藤廣 / 中村拓志 / 永山祐子 / 西沢立衛 / 日建設計 / 長谷川逸子 / 早川邦彦 / 林雅子 / 坂茂 / 平田晃久 / 藤井博巳 / 藤本壮介 / 藤森照信 / 前川國男 / 槇文彦 / 増沢洵 / みかんぐみ / 水谷頴介 / 村田豊 / 村野藤吾 / 毛綱毅曠 / 山下和正 / 山下保博(アトリエ・天工人) / 山本理顕 / 横尾忠則 / 吉阪隆正 / 吉村順三 / 六角鬼丈 / 渡辺誠 / 渡邊洋治


ジャパン・アーキテクツ 展

3.11以後の建築

概要:
2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う25組の建築家の取り組みを紹介します。

ゲスト・キュレーター:
五十嵐太郎 / 山崎亮

出品作家:
403architecture[dajiba] / 青木淳建築計画事務所+エンデザイン / 新居千秋 / 伊東豊雄+乾久美子+藤本壮介+平田晃久+畠山直哉 / 乾久美子 / 岡啓輔 / 垣内光司 / 工藤和美+藤村龍至+東洋大学ソーシャルデザインスタジオ / 光嶋裕介 / 小津誠一+宮下智裕+松田達 / 三分一博志 / 竹内昌義+馬場正尊+東北芸術工科大学 / 東京R不動産 / ドットアーキテクツ / トラフ建築設計事務所+石巻工房 / 成瀬・猪熊建築設計事務所 / 西村浩+ワークヴィジョンズ / 日建設計ボランティア部 / バスアーキテクツ / はりゅうウッドスタジオ / 坂 茂 / 東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド] / BMC(ビルマニアカフェ) / ブルースタジオ / 山梨知彦+羽鳥達也+石原嘉人+川島範久(日建設計)

日時

■「ジャパンアーキテクツ 1945-2010」

2014年11月1日(土)〜2015年3月15日(日)

10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)

■「3.11以後の建築」

2014年11月1日(土)〜2015年5月10日(日)

10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)

 

休場日:月曜日(ただし、11月3日、11月24日、1月12日は開場)、11月4日、11月25日、1月13日、12月29日 〜 2015年1月1日

会場

金沢21世紀美術館

住所

石川県金沢市広坂1-2-1

TEL

076-220-2800

料金

□ 観覧券

一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円

□「ジャパンアーキテクツ 1945-2010」と「3.11以後の建築」の共通観覧券
一般=1,700円(1,400円)
大学生=1,400円(1,100円)
小中高生=700円(600円)
65歳以上の方=1,400円

※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金

URL

■「ジャパンアーキテクツ 1945-2010」

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1720

■「3.11以後の建築」

http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1721

主催

■「ジャパンアーキテクツ 1945-2010」

金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]

ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館

■「3.11以後の建築」

金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]

備考

関連プログラムは、各ウェブサイトよりご確認ください。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

ジャパン・アーキテクツ 展