real local 山形 » おうちに東北の品々が届く「トホクル」第二弾がスタート! #tohokuru【地域情報】

おうちに東北の品々が届く「トホクル」第二弾がスタート! #tohokuru

予約の受付けは、6月21日(日)まで!

2020.06.12

東北の催事・お祭り中止によって行き渡らなくなってしまった伝統工芸品・お土産を予約販売するプロジェクト「#tohokuru」第二弾が開催。東北6県の手仕事品・作家もの・食べものを扱う「東北スタンダードマーケット」によるプロジェクトです。予約の受付けは、6月21日(日)まで。

おうちに東北の品々が届く「トホクル」第二弾がスタート! #tohokuru

「トホクル」とは、あなたのおうちに東北が来る、ということ。

東北観光に紐づいた「工芸品」や「地域食品」といったお土産。例年であればこの夏の時期にお祭りと共に全国のお客様に見ていただけるはずだった機会が、新型コロナウイルスの影響によって失われてしまいました。そういった品々を #tohokuru 特設サイト上に掲載し、ご予約注文を受け、約一ヶ月後にお届けするプロジェクトです。

「予約販売」システムである#tohokuruは、お客様へのお届けを1ヶ月後にすることによって「受注発注形式」となるため、催事中止によって不意に余剰在庫となってしまった商品の掲載が可能となったり、極少量生産の手仕事品も無理なくお届けすることができます。

事前に在庫を持たないため、食品の賞味期限廃棄ロスを防ぐ効果も。「道の駅」のような産直の側面と、「カタログギフト」のようなワクワク感を一つに融合した新しい販売方法です。2020年4月27日から14日間開催された【 #tohokuru vol.1 】では、2300点以上の品々の予約があったそう。

より詳しい仕組みや購入ガイドはこちらから。

おうちに東北の品々が届く「トホクル」第二弾がスタート! #tohokuru
トホクルの仕組み。

2回目の #tohokuru では、春の催事でお披露目される予定だった「東北のこけし」をテーマとした特集ページが公開されています。

例年、東北各地でこけし祭りが開催されますが、現在の状況を受けてその多くは中止が発表されています。イベントはもちろん、関東圏での催事を控えていた工人の皆さまにおいても売る場所の減少が大きな問題となっている、そんな状況をうけて「東北のこけし」がテーマになりました。

こけしのほか、伝統工芸士、クラフト作家、地域食品メーカーなど、商品のジャンルは多岐に渡ります。

●#tohokuru vol.2 開催期間

ご予約受付:2020年6月12日(金)〜6月21日(日)
ご発送期間:2020年7月13日(月)〜7月17日(金)

ご予約は#tohokuru 特設サイトからどうぞ!


●特集「こけし」

[遠刈田系]
佐藤康広/佐藤正廣/小山芳美/我妻司/南蔵王こけし工房 琳 小松里佳

[弥治郎系]
新山真由美/新山吉紀/上田康友/池内潮音/不忘印刷所

●山形の出展者

[Craft]
鋳心ノ工房/平清水焼 青龍窯/佐藤工芸/MOKULOCK/COOHEM/山形鋳物 長文堂/ツルヤ商店/刺し勇/kibori/山形桐箱 よしだ/石木花/ABE HOME SHOES/nitorito

[Food]
乃し梅本舗 佐藤屋/山形ピクルス「beni.」/玉谷製麺所/森の家(リンゴリらっぱ)/オーロラコーヒー/丸喜製麺所/酒田米菓