real local 金沢 » 金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ【店】

金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ

Curio Espresso&Vintage Design

金沢駅から伸びるメインルートを進むと、左手にエアポケットのようにのこる昔ながらの商店街があります。その名も「金澤表参道」こと横安江町商店街。真宗大谷派金沢別院(東別院)の門前町として栄え、昭和の中ごろからは金沢の一大商店街として大変な賑わいをみせました。しかし時代は流れ、昔ながらのお店はそのままに、今はのんびりとした雰囲気の商店街となっています。

お仏壇屋さんや靴屋さんが並ぶその通りに、この春エスプレッソの美味しい一軒のコーヒスタンドができました。店名は「Curio(キュリオ)」、シアトルから石川に帰ってきた大徳裕子さんと、ご主人のソルさんが夫婦で営むお店です。

金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ
陽気でチャーミングなSol (ソル)さん(左)と、サバサバと面倒見の良い大徳裕子さん夫妻。

朝には近所のおじいちゃん達がやってきて、ソルさんと「How are you ,today?」とゴキゲンなご挨拶。商店街の人々の井戸端会議の場となることもあれば、海外からの留学生やALTの先生の常連さんも多く、また県外からの観光客もふらりと立ち寄ります。店内は英語と金沢弁がいりまじる不思議な賑やかさ。裕子さんの姉御的な接客も手伝って、地元の人も初めての人も関係なく、気づけばゆるりと会話に参加しては「あら、こんな時間!」と笑顔でお店をあとにしていきます。

金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ
海外からやってきている人々のコミュニケーションの場にもなっています。

「シアトルに行ったばかりの頃、一人でいるのが寂しくなって、人の声がある近所のコーヒー屋さんで勉強したり本を読んだりしていました。アメリカにはコンビニがないかわりに地元に根付いたコーヒーショップがたくさんあるんです。世代も違う知らない者同志がそこで交流する雰囲気が大好きで、ここもそんな“場”になればいいなと思っています」と奥さんの裕子さん。

金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ
シアトル仕込みの本格派エスプレッソ。クッキーやバナナブレッドなど手作りのスイーツが並ぶことも。

オープンから半年、すでに地元の人々と外からやってきた人々を繋ぐ“場”となっている「Curio」。駅からもほど近いので、金沢を訪れたら是非立ち寄ってみてください。思いがけずローカルな友人ができるかもしれませんよ。

金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ
ときおり「オープンマイク」という出演者もお客さんもフリーで楽しめるライブイベントなど開催。
金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ
「金澤表参道」の商店街。右手前が「Curio」、お隣はコーヒーもいただける雑貨屋さん「collabon」。

名称

Curio Espresso&Vintage Design

業種

飲食店

TEL

076-231-5543

営業時間

9:00~18:00

定休日

火曜

URL

https://www.facebook.com/CurioEspresso

住所

石川県金沢市安江町1-13

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

金沢弁と英語が飛び交う商店街のカフェ