real local 湘南 » 中田さん夫妻。【この人】

中田さん夫妻。

中田製作所

中田さん夫妻。
中田さんご夫妻。理恵さんと裕一さん

中田さんご夫妻は、夏の間の数ヶ月間だけ、逗子に住むという暮らしをしている。

お2人は夫婦共に建築家で、
2013年から、逗子海岸にある海の家”SeasideLiving”を営んでいる。

SeasideLivingの紹介はこちら

去年、中田さんご夫妻は、この”SeasideLiving”で結婚式をあげた。

海辺で結婚式を上げたいという理恵さんの願いを叶える為に、
縁があった逗子海岸の敷地を借り、
そして結婚式の予算の中で海の家を建てて、式を終えた後そのまま運営することにした。

中田さん夫妻。
海が一望できる’SeasideLiving”の結婚式会場
中田さん夫妻。
とってもステキな結婚式のお2人の写真

ちなみのこの’SeasideLiving”、実はみんな素人で建てた手作りの海の家だ。
2014年の建築材料は、製材屋で製材過程に生まれる端材を使っている。
DIYにも適しているので、素人にも扱いやすい。海の家解体後も家具、内装材としてリユースする。去年の海の家の材料も、今年の材料として一部リユースされている。

なぜ手作りにこだわるのか?尋ねると、本業の建築設計の仕事にもその心髄に通ずるところがあると言う。

建築設計のコンセプトは『DIT』。
「Do it yourself」ではなく、「Do it Together。」

以前、夫の裕一さんは、都内の現場で住宅の現場監督の仕事をしていた。
「この建てた家に、一番愛着を持ってもらうにはどうすればいいか?」を考え、
『一緒に手を動かす。』という施行段階から一緒に関わる建て方を思いついた。

ちょうど自分たちの住まいに手に入れた古い公団の一室を、自分たちの手で手直しして、その楽しさを知っていた。
この方法は実証済みだった。

その後、裕一さんは独立して中田設計事務所を設立。
「DIT」にこだわった建築設計をしている。

”SeasideLiving”を営むことによって、普段出会わない人との出会いがあったり、そこで新しい仕事が生まれたり。他ではできない体験が生まれてゆく。

「過ごし方の提案としても、この生活は自分にとっても良いと思えるし、人にも自信をもって勧めることができる。暮らしの紹介スペースのような場所になり、コミュニケーションももっと図っていきたい」という理恵さん。

意味のあることとして、この海の家を続けて行こうと夫婦二人で話しているという。

屋号

中田製作所

URL

http://nakata-archi.com/home.html

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

中田さん夫妻。