real local 山形 » わかば たい焼き/やまがた手土産010【地域情報】

わかば たい焼き/やまがた手土産010

やまがた手土産010

わかば たい焼き/やまがた手土産010
今回お持ちしましたのは、「わかばのたい焼き」です。

山形市緑町。馬見ヶ崎川から七日町へ下りてくる通り沿いに昔からあるたい焼き屋「わかば」は、山形のたい焼きと言えばここ、というくらいの名店です。

わかば たい焼き/やまがた手土産010
何年か前、シベールアリーナに落語の柳家小三治師匠がいらっしゃった時の「まくら」が、わかばのたい焼きの話でした。

わかば たい焼き/やまがた手土産010

タクシーの運転手さんにたい焼き屋に連れて言ってくれとお願いしたらこの店だったとか、東京四谷にある名店の分店らしいだとか、一丁焼きするわかばのたい焼きは「天然物」で、一気にたくさんを焼く「養殖物」とはひと味違うものなんだとか、そんな話をされていたことを覚えています。

わかば たい焼き/やまがた手土産010

昔からあるお店であることは間違いないけど、一体いつからあるお店なのか。どんなこだわりがあるのか。そんな情報を、たい焼きを買うときに何かしら仕入れようと思ったんですけど、POPであるとかお店の紹介のチラシであるとかそういうものは店内に一切なく。

わかば たい焼き/やまがた手土産010

1個150円で、2個で300円、3個で、、、、なんてふうに10個までだといくらになるのかお客さんがすぐわかるように価格表がレジ前にあるのみでした。

わかば たい焼き/やまがた手土産010

まあ、いろいろ言わずにとにかく食べてみてよ、っていうことなのかなあと、いっそ潔いような印象を受けました。

わかば たい焼き/やまがた手土産010

私自身はそれほどたい焼きを頻繁に買うことはないのですが、やはり地元の名店だからでしょう、このたい焼きを見ると懐かしい人が思い出されます。

わかば たい焼き/やまがた手土産010
高校の時の恩師がこのたい焼き、大好きでした。亡くなった義理の母も、このたい焼き、大好きでした。

そういう思い出を彷彿とさせてしまうのが、このたい焼きの素晴らしいところなんだろうって、私は感じております。

reallocal山形ライター 那須ミノル

※シリーズ「やまがた手土産」は山形市在住のライター那須ミノルがじぶんの価値観に従ってセレクトした手土産たちの素敵なところを勝手にご紹介していくコーナーです。

やまがた手土産アーカイブ

reallocal福岡チームによる「ふくおか手土産シリーズ」も是非どうぞ。

text by 那須ミノル

名称

わかば

住所

山形市緑町4丁目7-11

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

わかば たい焼き/やまがた手土産010