real local » はじめての「玉こん」【地域情報】

はじめての「玉こん」

プリプリでアツアツな、山形のソウルフード

はじめての「玉こん」

※山形へ移住したライター中島による、山形で体験する“はじめて”の食べ物、イベントなどを記録するコラムです。アーカイブはこちらから。

お団子みたいだけど、こんにゃくです。

玉こんにゃく、通称「玉こん」は、山形を代表する郷土料理のひとつ。なかでも観光客がもっとも出会いやすい山形フードかもしれません。

観光名所のお土産屋さん、お祭りの出店、道の駅など、人が集まる場所へ行けば、かなりの確率で出会うことができます。

はじめての「玉こん」
からしが加わることで、程よいアクセントが生まれます

しょうゆベースのたれで煮た丸いこんにゃくが、串に3つか4つ刺さっています。こんにゃくは直径3〜4㎝で一口サイズかそれよりやや大きめ。80〜150円程度という、お手頃な価格帯です。

わりと早く冷めてしまうので、急いでアツアツのうちに頬張ります。食道を通るときに感じるじんわりとした温かさ、丸いフォルム、プリプリした食感……。なんだろう、玉こんを食べると、ちょっと幸せな気分になるんですよね。

はじめての「玉こん」
山形の観光名所「立石寺(山寺)」にて

隠し味としてスルメと一緒に煮るのが主流ですが、昆布が入っているのを見かけたこともあります。たっぷりのたれに浸けて煮たり、汁をとばすように味をつけたり、お店によってスタイルはさまざま。

タイミングによって、たれが濃くしみていたり、はたまた薄味だったりするので、しっかり味がしみていたときは「アタリ!」と、心の中で喜びます。

はじめての「玉こん」

ファーストフードのように、お店や野外で“買い食い”するのが定番ですが、家庭料理としても愛されています。

山形のスーパーへ行くと、板状のこんにゃく(山形では「ひらこん」と呼ばれている)と一緒に、当たり前のように玉こんが並んでいます。消費量が全国第1位というほど、山形ではこんにゃくをよく食べるとのこと。そういえば、山形フードの代表格、芋煮にもこんにゃくが入っていたっけ。

はじめての「玉こん」
こんにゃく専門店「千歳山こんにゃく」の玉こん

山形市内で玉こんを食べるなら、千歳山のふもとにあるこんにゃく専門店「千歳山こんにゃく」がおすすめです。昭和元年創業の老舗で、玉こん発祥のお店としても知られています。

「千歳山こんにゃく」の佐藤さんにお話をうかがったところ、当時は十分な資金がなく、こんにゃくを形成する道具がなかったことから、手で丸めるだけでつくれる玉こんが生まれたそうです。

はじめての「玉こん」

お店の裏で手づくりされている大ぶりのこんにゃくは、気泡が入った独特の食感で弾力性が抜群。素朴だけど上品で、こんにゃく本来のおいしさに気付かされます。

寒くなるとおいしさが増す、アツアツの玉こん。千歳山を眺めながら、極上の一本をぜひ。

はじめての「玉こん」

名称

千歳山こんにゃく

住所

山形県山形市松山3丁目14−1

TEL

023-623-6669

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

はじめての「玉こん」