real local 福岡 » 商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り【地域情報】

商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り

1月8日~1月11日十日恵比須神社 正月大祭

正月三が日を過ぎ、福博の街で最初に行われるお祭り「十日恵比須神社 正月大祭」。

一年間の商売繁昌などを願う人々で賑わう、博多商人には欠かせない祭りとして知られています。参拝は長蛇の列となり、ピーク時は1時間半以上並んでやっと参拝することができるほど。

商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り
昨年の十日恵比須神社正月大祭の様子。中央の4人~5人ずつ並んでいるのが参拝者の列です。

会場である博多区・十日恵比須神社に祀られているのは、大漁追福の漁業の神「えびす様」と五穀豊穣の農業の神「だいこく様」、この二人の神様。

毎年1月、8日の「初えびす」、9日の「宵えびす」、10日の「正大祭」、11日の「残りえびす」の4日間で執り行われ、400軒ほどの露店が出て、期間中は『開運御座』や『福引き』、『徒歩詣り(かちまいり)』などの催しも開催されます。

商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り
参拝所入口の様子。様々な企業の提灯が飾られています。

中でも人気なのが、本殿の近くで行われている『福引き』。

近くまで来ると、男性の声で「大~当たり〜!!」「福起こし〜!」という声が境内に響きます。

商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り
福引入口の案内。世話人の威勢のいい声が盛り上げます。

福笹と共に渡される景品は、縁起の良いものばかりを揃えていて、必ず皆様に福が授かるようになっています。
※福引の開始・終了時間は日によって異なるためご注意ください。


「提供:福岡市」

お札・お守所では、お札やえびす銭(※翌年には返却が必要です)などの縁起物を買い求めることもできます。

現在では「えびす銭」を購入(お貸し)する事で伝えられている風習は、かつては十日恵比須神社では古くから商いの元金(種銭)として縁起のよいお金を貸しこれを元手に商売をし、翌年ご加護により繁昌したお礼として借りたお金を倍にして返して、また新たに借りて行くというものでした。

商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り
えびす銭。

毎年、年が明け仕事始めを済ませると、福岡では「十日恵比須いつからだっけ?」と会話が飛び交います。

商売繁昌のイメージが強い十日恵比須神社ですが、祀られている「だいこく様」は人間の幸福の「縁」を結んで下さることでも知られ、また、全国的にもとても貴重な出雲大社からの御分霊でもあるそう。

正月大祭でお祭りを楽しみながら参拝し、商売繁昌もそれに繋がる大切なご縁の御利益も、授かりにいきませんか。

期間

1月8日~1月11日

公共交通

鹿児島本線『吉塚駅』徒歩約5分

福岡市営地下鉄箱崎線『千代県庁口』徒歩約5分

駐車場

駐車場はありません。最寄りのパーキングをご利用下さい。

URL

http://www.tooka-ebisu.or.jp/newyear.html

備考

大祭中は大変込み合います。
可能な限り、公共交通機関をご利用ください。

住所

福岡市博多区東公園7-1

商売繁昌とご縁を願う、博多商人のお祭り