real local 山形 » 映画の街に暮らす(4) / 映画『島にて』を、まず自宅で観よう。「仮設の映画館」で!【イベント】

映画の街に暮らす(4) / 映画『島にて』を、まず自宅で観よう。「仮設の映画館」で!

地域の連載

2020.04.21

映画の街に暮らす(4) / 映画『島にて』を、まず自宅で観よう。「仮設の映画館」で!

飛島発の新作ドキュメンタリー映画『島にて』が、ネット上の「仮設の映画館」を通じて、自宅で鑑賞できることになりました。

『島にて』は全国に先駆けて2020年5月8日(土)から、鶴岡まちなかキネマとフォーラム山形で公開予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大を考慮し、先週末から両館とも臨時休業となり、予定通りの日程での劇場公開が厳しい状況になっています。

映画『島にて』についてはこちら(reallocal記事)

映画の街に暮らす(4) / 映画『島にて』を、まず自宅で観よう。「仮設の映画館」で!

観客が劇場に足を運べない状況、そして映画館がお客様をお迎えできないこの状況に対して、配給会社 東風さんと監督たちがネット上に「仮設の映画館」を立ち上げ、新作映画を楽しみにしていらっしゃるお客様に鑑賞していただけるシステムを構築しました。

東風さんが運営する「仮設の映画館」のURLにアクセスすると、公開劇場が閉まっていても、予定通り5月8日(土)から『島にて』を、皆さんのご自宅で観ることができます。
*このURLは5月3日頃にお伝えできると思います。
*「仮設の映画館」での鑑賞料金は1,800円です。この鑑賞料金収入は、劇場での上映の際と同じく、劇場・配給・製作に配分されます。つまり、私たちが「仮設の映画館」で『島にて』を鑑賞することは、この作品を世に出した劇場・配給・製作の3者を、今の厳しい状況の中で「応援し支える」ことになります。
*5/16日からはポレポレ東中野さんも「仮設の映画館」に参加します。

*詳細については、「島にて」の「仮設の映画館」URLをお知らせできるタイミングで、改めてお伝えしたいと思います。少々お待ちくださいませ。

*そして劇場での公開(再上映も含め)された暁には、もう一度映画館で、飛島の風に吹かれながら、この作品と改めて出会ってください。
私は「島にて」を2度観る会の発起人です。

*新型コロナウィルスの影響が厳しい状況の中で、先日、大宮浩一監督(新庄市出身)が何気なく仰った言葉を、また贈ります!

「日本の未来を、此処から始めよう」

映画の街に暮らす(4) / 映画『島にて』を、まず自宅で観よう。「仮設の映画館」で!
大宮浩一監督(左)と、 田中圭監督。

 

●「仮設の映画館」について
http://www.temporary-cinema.jp/seishin0/

●映画『島にて』予告
https://shimanite.com/