real local 山形 » はじめての「納豆ラーメン」【地域情報】

はじめての「納豆ラーメン」

地域の連載

2020.11.15

※山形へ移住したライター中島による、山形で体験するはじめての食べ物、イベントなどを記録するコラムです。

はじめての「納豆ラーメン」

山形に来てからすっかりハマってしまった食べ物がある。納豆ラーメンだ。

メジャーではないかもしれないけど東北の他県や京都の方でもちらほら納豆ラーメンを提供する店があるようで、山形に限ったものではないらしい。だけど私は山形に来るまでその存在を知らなかったし、この土地で出会い、食しているので、私的山形ローカルフードとして紹介したい。

私がよく食べるのは市内にある「鬼がらし」というお店。初めて納豆ラーメンを食べたのはいつだったろうか。知人と一緒に店に入り納豆ラーメンにするというから、私も真似てオーダーした。

移住して数日後に納豆餅の洗礼を受けた。ひっぱりうどん納豆汁の存在も知っている。納豆ラーメンと聞いて「次はそうきたか」と、すんなり受け入れる自分がいた。もともと納豆が大好きなこともありカラダにすんなりと馴染み、それから数え切れないくらい食べに来ている。今では店に入るとオーダーせずとも自動的に納豆ラーメンが出てくるようになってしまった。すっかり納豆ラーメンの人だ。

味噌ベースのスープにひきわり納豆、そしてネギのほか長芋やニラといった個性派なトッピング。長芋のシャキシャキした食感やニラの風味が、納豆の存在を引き立てる。

ひきわり納豆というのがまたポイントで、絶妙な粒の荒さがスープや麺といい具合に絡む。うっすらスープに粘り気がでて、麺は薄いベールをまとい、ずるずるっと勢いよく口に入ってくる。納豆をすくうようにスープをレンゲですくい、粒を味わう。これもまた自分流の作法かもしれない。

はじめての「納豆ラーメン」
細めの麺との相性が◎不思議と納豆クサさはない。

味噌ベースのスープに納豆という発酵食品のかけ算であり、トッピングの山芋やニラも栄養価が高い。とはいえ、カラダにいいからとか、寒いからとか、風物詩だからとか、食べるのに理由はない。気まぐれに食べたくなるから食べる。私にとって納豆ラーメンとはそういうものだ。

話は逸れますが、山形の地では、口コミサイトというバーチャルな世界はあまり通用しないなと思う。定食屋も蕎麦屋や居酒屋も、地元での人気度とは反して書き込み件数も少なく、大人しいレーティングがされていることが多い。ネット上に出てこないおいしいものがこの街にはたくさんある。私も知人に連れられて行かなければ、納豆ラーメンには手をのばさなかったかもしれない。おいしいものは自分の舌や人との繋がりから見つけていく。

ここに限らず、山形市内のラーメン屋ではちらほらと納豆ラーメンを提供している店があるので、もしもメニュー表に「納豆ラーメン」の文字を見かけたら、思い切って納豆ワールドの扉を開けてみてほしい。

≫「はじめての山形」シリーズ アーカイブはこちらから。