real local 鹿児島 » BARAIRO FOREVER【イベント】

BARAIRO FOREVER

「BARAIROフェスティバルかのや」レポート

BARAIRO FOREVER
BARAIROの会場は、日頃はシャッターが目立つ商店街。しかし当日は人、人、人!

2015年3月7日、8日に鹿児島県鹿屋市で開催された「BARAIROフェスティバルかのや2015」(以下、BARAIRO)。2008年に誕生した「デザインマーケット」から商店街全体を使った現在の形になり、毎年多くの人が訪れるまでに発展しました。主催者発表によれば今回は過去最高の1万8000人が来場したとか。
今回もたくさんのショップとお客さんで大にぎわい。実はこれが最後の開催だったのですが、感傷に浸っている暇もないくらいに盛り上がりました。そして、そこには鹿屋の未来のための布石がたくさんありました。

BARAIRO FOREVER
BARAIRO実行委員のみなさん。左奥でマイクを持っているのが実行委員長の川畠康文さん
BARAIRO FOREVER
60近い数のショップ、作家、建築設計事務所などが出店した「デザインマーケット」

BARAIROに先駆けて誕生し今年で8回目を迎えた「デザインマーケット」。鹿児島県はもちろん、同じ九州の他県や遠くは東京、千葉からの出店もあり、元パチンコ屋の空き物件を利用した会場にはクラフトや雑貨、食べ物やグリーンなどがずらり。品物の物語を語る店の人の声、買い物を楽しむ人の声があちこちから聞こえてきました。さまざまなデザインを囲んで、つくり手やセレクトした人と話すことができるのもこのイベントの醍醐味です。
とても1日では見尽くせないボリューム。2日かけてじっくり吟味しました。

BARAIRO FOREVER
日用品、グリーン、物産品と個性豊かなブースが並ぶ。活版印刷や革小物など、自分の作品が作れるワークショップも
BARAIRO FOREVER
イラストレーター・竹添星児さんのブースでは、ご本人が来場者の似顔絵を描いてくれました。私は「実物よりかわいく」とリクエスト

デザインマーケットは「鹿屋にデザインの文化を根付かせたい」という街の人の想いから生まれました。そこから8年が過ぎ、この街にはデザインを提案する人や店、そしてそれを暮らしの中で楽しむ人が増えています。デザインマーケットが街を変えたと言っても過言ではありません。ここで育まれた文化やネットワークはこれからも続いていくはずです。

このイベントで私が最も楽しみにしていたのは、今年初登場の「GOOD MORNING MARKET」です。農家や加工品の生産者を集めたこのマーケットは私たち消費者と生産者との出会いの場。両者のつながりをつくり、「食」に対する意識を高め合うコミュニティーの形成を目的としています。

BARAIRO FOREVER
GOOD MORNING MARKETには、農家、加工品生産者、パン屋のマルシェと人気カフェなどのフードブースが登場

ほとんどが鹿児島からの出店。ここにいると鹿児島の食の豊かさに改めて気付かされます。また、つくり手と話していると、「この人だから買いたい」「この店の味だから食べたい」という気持ちが芽生えてきます。そんな想いと想いが交差して、早くに完売してしまう商品もありました。GOOD MORNING MARKETは今後も不定期で開催していくそうなので、今回買えなかったものは次回以降で狙いましょう。

BARAIRO FOREVER
生産者と消費者が交流。出店者も楽しそう

私たちR不動産は3月7日開催の「地域の可能性を発見するトークイベント」に参加。東京R不動産編集チームディレクター・安田氏、神戸R不動産ディレクター・小泉氏と鹿児島R不動産、そしてBARAIRO実行委員長の川畠康文さんで鹿屋の魅力についてお話ししました。
トークの中で印象的だったのは、はじめて鹿屋を訪れた県外組がこの街を「南米みたい」と表現したこと。ダイナミックな山並みや緑の濃さがそう想わせたようですが、南国ならではの人の陽気さもひとつの要因だったかもしれません。「音楽が聴こえてきそうな雰囲気がある。僕もそこの通りで楽器を弾きたい」「Airbnbをやる人が出てこないかな」など楽しく自由に語った2時間。鹿屋の可能性を感じていただけたでしょうか。

BARAIRO FOREVER
たくさんのご来場ありがとうございました

このほかにも、街なか養蜂の巣箱設置式や、「リノベーションスクール@鹿屋」から生まれたプロジェクトの出店、鹿屋市を含む大隅半島のまちづくりキーマンが集まったトークショーなど、今後につながる仕掛けが用意されていた2日間。今年はまるで鹿屋を面白くする人や店やプロジェクトのショーケースのようでした。

BARAIRO FOREVER
(左)鹿屋在住のカメラマン・中西雅人さんの写真展“街の「人」のポートレート” (右)リナシティみつばちプロジェクト除幕式典

このイベントは鹿屋に暮らし働く人々の街を想う気持ちと、ひとつになって実践する力を育てました。この結束力があれば、きっと街は面白くなるはず。
鹿屋のまちづくりはBARAIROを手放し、次のステップへ。終わってしまう寂しさよりも、期待感の方が強く心に残りました。

(写真協力:BARAIROフェスティバル実行委員会、かごしま写楽)

日時

3月7日(土)・8日(日)※イベントは終了しています。

会場

鹿屋中央地区商店街、リナシティかのや 他

住所

鹿児島県鹿屋市大手町1-1(リナシティかのや)

URL

BARAIROフェスティバルかのや公式サイト
GOOD MORNING MARKET

主催

主催/BARAIROフェスティバルかのや実行委員会、北田・大手町商店街振興組合
共催/株式会社まちづくり鹿屋、デザインマーケット実行委員会、街のにぎわいづくり協議会
後援/鹿屋市、鹿屋商工会議所

BARAIRO FOREVER