real local 山形 » 畑のある暮らしの日記〈03〉【地域情報】

畑のある暮らしの日記〈03〉

初夏の収穫そのまま料理

2017.06.29

畑のある暮らしの日記〈03〉

こんにちは、今回も畑からの山形レポートお届けします。

6月は収穫の季節の始まりみたいなものなので畑仕事の楽しさがグッと増します。

畑のある暮らしの日記〈03〉

土作りも畝作りも草取りも楽しいけど、やっぱり作物が芽をだしだんだん育ち大きく実るのをワクワクしながら間近に見て「そろそろかな〜」ってときに「えいやっ」と収穫するのはとてもテンションが上がります。

しかも採りたてを食べるとなれば、もう、なおさら。
 

畑のある暮らしの日記〈03〉

畑のある暮らしの日記〈03〉

暮らしのなかで畑を営むことの価値について考えてみました。

たぶん「鮮度」。

畑のある暮らしの日記〈03〉

畑のある暮らしの日記〈03〉
6月のさくらんぼ畑でお手伝いをすれば、いっちばん美味しそうに実ったヤツを摘みたててでパクッと頂けてしまう、という贅沢も味わえます。

 

畑でサラダ菜をもぎとって車で自宅に移動して、キッチンで綺麗に洗って水を切ってオリーブオイルと酢と塩とブラックペッパーで揉み込んでチーズを振りかけて「いただきます!」まで約15分。

畑でチンゲンサイを根元のあたりで切り取って車で移動して、キッチンで綺麗に洗って刻んで油でニンニクと一緒に炒めてちゃちゃっとお醤油かけて「いただきます!」までやっぱり約15分。

あるいは、自宅の庭先で青シソときゅうりをピピッともいでキッチンで細かく刻んでお豆腐に乗せてお醤油かけて「いただきます!」まで約3分。

 

畑のある暮らしの日記〈03〉

畑のある暮らしの日記〈03〉

つまり、畑から胃袋まで数分から数十分。

みずみずしさをそのまま頂いている感じ。

それが、畑ある暮らしのいいところ、だと僕は思います。

畑のある暮らしの日記〈03〉

畑のある暮らしの日記〈03〉
これは「ひょう」と呼ばれる雑草のおひたし。雑草なんだけど山形人にとっては季節の食材。畑に生えた「ひょう」は大きくなりすぎないうちに採って、おひたしにしたら、からし醤油で食べます。干して煮物に使うことも。

ひょう干しについてはこちらの記事も

 

土と雨と太陽とがくれる恵み。6月の食卓は賑やかです。

 

畑のある暮らしの日記アーカイブ 
 

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。