real local 金沢 » 「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処【店】

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処

金沢・ほろ酔い酒場ガイド 日本酒編vol.2

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
オーナーの山上さんは酒造りに長年携わってきた日本酒のプロ。手にする「菊姫 鶴乃里」は特に思い入れのあるお酒。料理は妻の順子さんが担当している。

2018年7月、金沢市尾山町の一角に「日本酒バル 金澤酒趣」がオープン。銀行やオフィスビル、ホテルなどが集中し、近江町市場や尾山神社などの観光地も隣接する金沢市街地のど真ん中。お酒は北陸のものを中心に7080種を揃え、ワイン、ウイスキー、焼酎なども、おばんざい料理と共に楽しめます。オーナーの山上弘茂人さんは、能登杜氏四天王の一人・農口尚彦さんに師事し、白山市鶴来の酒蔵「菊姫」で酒マイスターとして26年にわたり酒造り・品質管理などに携わってきた経歴の持ち主。その来歴を酒の肴に聞いているだけで、お酒が何杯でも飲めてしまいそうです。

日本酒の魅力を伝えたい、酒マイスターが始めた店

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
武蔵・香林坊をつなぐ百万石通りの上堤町交差点を尾崎神社の方へ入ってすぐの角。富山・石川・福井の北陸3県の日本酒を中心に、全国の酒蔵から山上さんが美味いと感じる日本酒を取り揃えている。

「今まで日本酒をあまり飲んだことのない人にも、日本酒の良さを知って欲しい。一人でも多くの日本酒好きを増やしたい。酒の知識や造り手の思いなども発信したい」という熱い思いでお店をオープンした山上さん。日本酒造りに長年携わり、一級酒造技能士、清酒専門評価者(酒類総合研究所認定)、ソムリエやSAKE DIPLOMA(日本ソムリエ協会認定)などの資格を持ち、日本酒に関する知識や利酒能力はお墨付きですが、初めて飲食店をオープンするにあたり、ワインバーやレストラン等で飲食店経営やサービスについても経験を積みました。飲食店で修行するうち、「敷居が高くなく、講釈はせず、日本酒は難しいというイメージも取り除きたい。もっと自由に、日本酒を飲んで楽しんでもらいたい」と、店のコンセプトやイメージも固まっていったそう。

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
店内はオープンキッチンでモダンな雰囲気。L字型のカウンター16席で、日替わりのおばんざいが並ぶ。

常時7080種類を揃える日本酒は1杯600円がベースで、「店主のお勧め」「軽快で飲みやすい」「ほどよい旨味が味わえるお酒」「華やかな香りが楽しめるお酒」「しっかりした味わいのお酒」「深みのある味わい、熟成したお酒」などのカテゴリー別にメニューに掲載され、選びやすい工夫がされています。それでも種類が多くて迷ってしまうときは、山上さんに好みやその日の気分を告げて相談するのがベスト。3種類のお酒が提供される「日本酒呑み比べセット」(1,800円〜)に、日替わりのおばんざい数種で構成される「おつまみ盛り合わせ」(1,500円)を注文すれば、まず間違いなし。

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
おすすめの「日本酒呑み比べセット」(1,800円〜)と「おつまみ盛り合わせ」(1,500円)。左から山上さん一押しの「菊姫 鶴乃里」、中央は山上さんの師でもある農口杜氏の「農口尚彦研究所 山廃吟醸 無濾過生原酒」、右は富山県の「勝駒 純米」。※掲載価格はすべて税別

それでもあえて一押しのお酒を尋ねると、山上さんが迷わず勧めてくれたのが「菊姫 鶴乃里」。実はこのお酒、山上さんが「菊姫」在籍中に酒質設計・製造に携わったもので、2007年にIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)のSAKE部門で初代チャンピオン・サケ(最優秀賞)を受賞したもの。山廃らしい旨みや力強さと、 きめ細かさを兼ね備えた味わいの純米酒で、「店主のお勧め」として平成25BY4年もの800円)と平成28BY(1年もの700円)があり、熟成年違いの「2種セット」(1,400円)で飲み比べも楽しめます。

仕事帰りの一杯にも、旅先で出会う一杯にも

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
近江町・香林坊をつなぐ目抜き通り「百万石通り」の上堤町交差点から尾崎神社の方へ入ってすぐの角。

オフィス街に近いので、仕事帰りの一杯を楽しみに寄る常連さんも急増中。そして、周囲にはビジネスホテルや宿泊施設もたくさんあるので、観光や仕事で金沢を訪れた人にとっても食事や飲みに使い勝手のよいお店です。お酒好きの順子夫人が作るおばんざいは1品600円、家庭的な温かみがあり、日本酒との相性も抜群。料理は日替わりで、市場で仕入れた食材に応じて手書きメニューが毎日書き換えられます。地元食材をいかし、北陸でよく食べる珍味も味わえ、お茶漬けや押し寿司など飲んだ後の〆も魅力的です。

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
地物の魚や野菜を使った料理から、ガッツリ食べ応えのある肉料理まで。仕事帰りの食事処としてもおすすめ。
「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処
山上さんの修行先の一つ、飲食店も営む九谷焼窯元「鏑木商店」で「金澤酒趣」オリジナルを製作してもらった九谷焼のぐい呑。金沢旅行の思い出に、こんな器で1杯はいかが。

「ほろ酔い酒場ガイド」シリーズはこちら

名称

日本酒バル 金澤酒趣

業種

飲食店・日本酒バル

URL

https://www.facebook.com/kanazawa.sake

住所

石川県金沢市尾山町5-10

TEL

076-225-7339

営業時間

18:00〜23:00

定休日

不定休

アクセス

北鉄バス「南町・尾山神社」バス停から徒歩約3分、

「武蔵ヶ辻・近江町市場」バス停から徒歩4分

予算目安

600円〜3,000円

備考

席数 カウンター16席

最新情報はFacebookをご確認ください

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

「日本酒バル 金澤酒趣」観光客にも、ビジネスマンにも嬉しい酒処&食処