real local 神戸 » 1.24(金)19:00〜 家を持たず、旅して暮らす「アドレスホッパー」とは?【イベント】

1.24(金)19:00〜 家を持たず、旅して暮らす「アドレスホッパー」とは?

2020.01.12

※終了しました。

アドレスホッパー 市橋正太郎さんのトークイベントを、シェアオフィスKITANOMADで開催!

1.24(金)19:00〜 家を持たず、旅して暮らす「アドレスホッパー」とは?
市橋正太郎さん。アドレスホッパーカルチャーを伝えるAddress Hopper Inc. 代表、Hopping Magazine 編集長、WOTA magazine 編集長であり、ご当地サウナプロデューサー、U37サウナ部 部長でもある。京都大学経済学部卒、元サイバーエージェント、元Abema TV。
自分の家を手放して、世界中の家を手に入れる。

家を借りず、もちろん買うこともなく、ホステル・民泊や知人の家(時にはサウナ)を利用して「定住しないライフスタイル」を送る人=アドレスホッパーが、日本でも少しずつ増えてきているそうだ。昨年末に全国のreal localメンバーが集まった時、アドレスホッパー 市橋正太郎さんの話を聞いて結構な衝撃を受けた。

パソコンひとつあればいつでもどこでも仕事をできる時代。なんとなくアドレスホッパーという言葉も聞いていたし、自分たちもそういう生活したいよなと思っている。でも現実的には、仕事のこと、荷物のこと、旅費のことなど、色々ネックになることもある。

しかし、市橋さんの話を聞いていると、現実的に色々な工夫をしてアドレスホッパーという生活を楽しんでいる姿が見えてきた。

1.24(金)19:00〜 家を持たず、旅して暮らす「アドレスホッパー」とは?
市橋さんは、アドレスを持たない人の集い 「Hopping night」を各地で開催している。

聞くところによると、市橋さんの今年のホッピングプランは国内各地からヨーロッパそしてアフリカと、実にグローバル。しかも、生活やお金のことを解決した、とても現実的なプランになっているのに驚いた。

いまや世界各地に安く泊まれる場所があり、それを見つけるWEBサービスも充実しているため、市橋さんにとっては「世界中に自分の家があるようなもの」だという。アドレスホッパーは家を手放した人ではなく、世界中に家を手に入れた人なのだ。

1.24(金)19:00〜 家を持たず、旅して暮らす「アドレスホッパー」とは?
市橋さんが編集長を務めるアドレスホッパーのカルチャーを伝えるPDFマガジン「HOPPING MAGAZINE」。現在ブックマガジンも制作中とのこと。

そろそろ、アドレスホッパーに興味を持ちはじめてもらえたか思うので、詳しい話はぜひ市橋さん本人から聞いて欲しい。

仕事は具体的にどうしているのか?荷物は?などなど、気になったことを思う存分質問して(たぶん、市橋さんは快く教えてくれるだろう)、人生を豊かにするヒントを持ち帰って欲しい。

旅行者でも住民でもないアドレスホッパー。名付け親である市橋さんを中心に、彼らがいま育つつあるカルチャーを体感されたし。

※ お申し込みは、このページ下方にある「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

日時

2020年1月24日(金)18:30 open / 19:00 start

会場

シェアオフィス KITANOMAD(神戸市中央区山本通1-7-15)

料金

¥1,000/1人

公共交通

各線三宮駅より徒歩7分。

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください。

主催

reallocal神戸/神戸R不動産