real local 名古屋 » 視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい【この人】

視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい

「real local名古屋」運営者紹介

2020.09.24

不名誉にも最も魅力がない都市に選ばれてしまった名古屋。実際に東京に住んでいた時には私もそれを自虐的なネタにしていました。けれど、実は寺社仏閣が一番多い県であったり、焼き物で有名だったり、知っているようで知らない魅力が沢山あります。名古屋で働いているから、住んでいるからこそ紹介できる「リアルな名古屋」を real local 名古屋でお伝えしたい。

視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい社内のギャラリーにて

real local名古屋立ち上げメンバーとして

私が一番に共感しているのは、「real local」という視点による町の見え方です。ハード面だけでなく、人・もの・ことソフト面から見える町の顔。5年ほど前にカンブリア宮殿で「東京R不動産」が取り上げられていました。そこで物件紹介する視点に直感的に惹かれ、同時に可能性を感じました。今こうして名古屋立ち上げメンバーとして活動するきっかけです。駅近などの立地条件ではなく、窓からの眺めなど建物そのものが持つ魅力に目を向けたり、古い物件にふさわしい新たな価値を加えたり。物件だけでなく町全体で共感を拡げることができたらさらに面白い。そう感じています。

創業120周年に向けて

視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい
右下:三代目光男
視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい
施行中の現場

弊社は1902年創業の名古屋瓦町の瓦屋です。今は事業を拡げ、住宅の他、社寺建築・デザインガーデン事業、また太陽光・エネルギー事業に取り組んできました。この業界では珍しく、社員80名のうち約半数が職人で、経営理念は「職人の育成」と「技術の継承」に努める。そして「美しい日本の景観づくり」に貢献する。屋根工事店として、微力ながら町の景観づくりの一端を担う者として、名古屋の町づくりにも参加していきたいと思っています。

魅力に欠ける都市、名古屋

一方で不名誉にも「最も魅力に欠ける都市」に選ばれてしまった名古屋。自分たちの町をおすすめしないのは名古屋が特に顕著だとか。(出典:2019年 名古屋市観光文化交流局「都市ブランドイメージ調査」)確かに私自身も東京で生活している際には、自虐的に地元の話をしていたことを思い出します。
この地で100年以上家業を営んできた身として、特に古い町並み・そこに吹き込まれる新たな価値、伝統に柔軟に向き合う企業・人などをご紹介できればと思っています。

視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい
社内のギャラリーにて
魅力が眠る都市、なごや

例えば、愛知県は神社・仏閣の数が日本一です。大須観音や東別院の住職、寺市など仕掛ける事務局長、ハード面だけでなくそこで働く人たち・想いを含めてご紹介できると面白いかもしれません。高浜・常滑・瀬戸と焼き物で有名な町も多く存在します。TOTO、Noritakeなど、その歴史を知る人にも話を伺えればと思っています。高浜は日本の7割以上の瓦を製造しています。古い町並では地域ごとの屋根の色が存在します。そういった特色・変化を窯元で働く人にも聞いていきたい。

また、常連で賑わう美味い飲み屋街が名古屋の路地裏にはたくさんあります。思わぬ名古屋の面白さが掘り出されるかもしれません。これまでスポットが当たらなかったヒトやコトに着目することにより、日常の楽しみが増えればと思っています。

いろんな暮らしの情報がすでに溢れている名古屋で、もっとリアルな暮らし方・働き方が見えてくるだろう「real local 名古屋」が、どのようにしてこのエリアを盛り上げ、仲間を集い豊かにしていけるのか、私自身もワクワクしています。

視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい
社内の能舞台
屋号

株式会社坪井利三郎商店 

URL

https://www.risaburo.com/

住所

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5丁目22番7号

視点を変えれば見えてくる「リアルな名古屋」を探りたい