real local 鹿児島 » 下園薩男商店「旅する丸干し」【店】

下園薩男商店「旅する丸干し」

ドライいわしオイル漬

下園薩男商店「旅する丸干し」
4種類の世界の味とカラフルなデザイン。イワシは丸干しになって、世界中を旅するのです

これまでご飯・味噌汁とお決まりのセットだった丸干しを、ビールやワインのお供に、パスタやサラダに。

下園薩男商店「旅する丸干し」イワシの丸干しレシピ

老舗の干物屋がたくさん残っている町、鹿児島県阿久根市。この港町で漁師たちが朝方4時から6時に獲ってくる「ウルメイワシ」は、おなかの中にエサが残っていない為、苦味が少なく食べやすい干物になるそうです。
昭和14年に創業以来、75年間干物一筋に営業されている下園薩男商店。

下園薩男商店「旅する丸干し」
工場は畑に囲まれ自然いっぱいの場所にあります

今でも商品の作業工程は手作業、細かい作業も人の手によって丁寧に行われています。

下園薩男商店「旅する丸干し」
衛生に気をつけながら、ひとつひとつ丁寧に作業していきます

干物屋に生まれ干物を見続けて育った3代目の下園正博さん(34)は、近年、食生活の変化で、干物を食べない人が多くなっていると感じていました。

下園薩男商店「旅する丸干し」
下園薩男商店の3代目、下園正博さん

スーパーに並ぶ干物のコーナーで足を止める方は少なくなっています。確かに、考えてみれば、何となくそこには色が無く華やかさに欠けるため私も足を止めることはありませんでした。「このままでは干物(丸干し)を食べる方はいなくなってしまう。干物に興味がない方でも手にとって貰えるような商品を作ろう!」正博さんのそんな想いから丸干しの物語(商品開発)は始まります。

正博さんは、事務所の小さなキッチンで試作を始め、これまでの常識にとらわれず世界の国々をイメージした洋風の味付けを目指しまた。20種類近くにまで都市候補を絞り、現代の食生活に取り入れやすく食にこだわりのある若い方に食べて頂けるように、オイルやスパイス等厳選食材を組み合わせ、幾度となく試行錯誤を繰り返し誕生したのが、南イタリアの「ドライトマト・ガーリック味」、プロヴァンスの「オリーブ・ハーブ味」、マドラスの「カレー・ミックスビーンズ味」そして、やはり外すことのできない、鹿児島県阿久根産のボンタンオイルがほのかに香る「阿久根プレーン味」。

まるで世界各地を阿久根産の丸干しが旅しているようだね、と「旅する丸干し」と名付けられ、イメージを見事に変えた「旅する丸干し」は昨年、農林水産大臣賞を受賞、そして今年はなんと!その中でも最高位の「天皇杯」を受賞しました。

下園薩男商店「旅する丸干し」
左:今では食のイベントには引っ張りだこの下園さんと丸干し!右:祝!天皇杯受賞!

下園薩男商店「旅する丸干し」
MATHERuBA cafeでも販売してます。カフェスタッフの間でも人気商品

パッケージデザインだけではなく味も確かな丸干しのオイル漬け、ぜひ一度食べてみてください!鹿児島から自信をもってオススメできる絶品です!

URL

株式会社 下園薩男商店

住所

〒899-1741 鹿児島県阿久根市大川54

TEL

0996-28-0200

備考

購入方法

オンラインショップ
MATHERuBA CAFE

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

下園薩男商店「旅する丸干し」