real local 金沢 » レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE【地域情報】

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

役立つ情報

2020.04.18

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

パーマカルチャーとしての食の可能性を探求する企業「OPENSAUCE(オープンソース)」が、独自に進めていたレシピのプラットフォーム・プロジェクト「RECIPE FOR THE PEOPLE」。

同プロジェクトとして、今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、営業自粛を迫られる飲食店が「レシピを届ける」ことで、ユーザーから直接支援を受けられるという、新たな支援の選択肢を提案しています。

(以下、リリースより)

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

レシピは人々のために

OPENSAUCEはレシピのオープンプラットフォーム。
音楽が楽譜となって受け継がれていくように、
世界中の幸せな食の記憶、情報、体験を
共通のレシピとして未来につないでいく活動。
おいしくて健康的な食のよろこびを、
世界中にシェアして行くプロジェクトです。
私達はこんなコンセプトを元に、
2017年12月25日に創業しました。

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

料理は人類の英知

太古の昔、人類は料理という技術を発見し、進化させ洗練させてきました。
そして現在では自然の恵みや生産者さんが丹精込めて作ってくれた食材を
より安全に美味しく楽しく食べるためのアイデアや技術を創造し、
料理人達は世界中で日々挑戦し続けています。
自分のために料理をする。
誰かのために料理をする。
人々の営みの中で常に中心にあるのが食べることであり、料理をすること
だと言えます。現人類は料理をすることにより脳を大きく発達させ高度の
思考能力と複雑な言語能力が獲得できたという学説もあります。
料理のレシピは先人たちからの贈り物なのでしょう。

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

レストランの存在

誰かのために料理をする代表的な存在が、レストランです。
レストランは常に最高の状態でお客様のおもてなしをしています。
それは食材だったり、料理技術だったり、美しい盛り付けだったり、
スタッフのサービスだったりと多岐に渡ります。
お客様が喜ぶ顔や美味しいと言ってくれる声を聞くために、
レストランは誇りを持って弛まぬ努力をしてきました。
しかし現在、爆発的な感染力を持つウイルスの世界的な流行により、
レストランの存在が危ぶまれているだけでなく、 食文化そのものが脅かされようとしています。

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

知ってもらう

料理人が何を考え、どんな思いでこの料理を作っているのか。
レシピ通りに自分で料理をして再現をしてみることで、新たな発見や
その料理についてより深い知見を得ることが出来ます。
そして、その料理を通じてレストランや料理人の思い、哲学を知って
頂くきっかけにもなることを考えています。
Feel more than eating.
食べること以上に感じること。
私達のレシピを通じて、常連のお客様だけでなく、 食を愛する人々に特別な体験を届けましょう。

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

いま私たちにできること

お客様や従業員の健康を考慮し、苦渋の決断でレストラン営業の自粛
をせざるを得ない状況の中で、テイクアウトや通販を使った営業形態
に舵を切るレストランの姿が多く見られるようになりました。
しかし、製造許可等のハードルがあり全てのレストランが対応できる
とは限りません。また、お届けするにも限界があります。
では視点を変えて、レシピをお届けするのはどうでしょうか?
人々にレシピをお届けすることで実現する食体験や 社会貢献もあるはずです。

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

レシピ共有の仕組み

①この活動は営利目的ではありません。
②活動の目的はこれまで述べてきた通りです。
③レシピには料理名、料理人名、レストラン名を表記します。
④ご提供頂いたレシピの権利は考案者に帰属するものとしますが、基本的にオープンなレシピデ ータとして公開をさせて頂きます。
⑤公開されたレシピは誰でも使うことが出来ます。
⑥このレシピを元にレストランを開業する人が登場した場合には全力でエールを送りたいと思い ます

レシピを届ける、レシピで支える。/RECIPE FOR THE PEOPLE

人々に届けよう

料理は人々を幸せにする、最高のエンターテインメントです。 人々がレシピを元に料理をして頂くことで

①家庭での時間を充実
②食材の生産者を支援する活動に繋ぐ
③健康的で豊かな食を体験
④料理人やレストランの思いを共有
⑤レストランの存在を知る
この活動を通じてレストランの新しい価値を提供して行きたいと 考えています。 皆様のご賛同を頂けたら幸いです。

レシピを提供する

ご賛同頂ける場合は、 下記専用メールアドレスまでレシピをご提供頂けたら幸いです。
recipe@opensauce.co.jp
レシピには以下の情報も添えて下さい
①料理名
②店名・店舗情報(住所・電話番号・メールアドレス・URL) ※ロゴデータや店舗・シェフの写真があれば掲載させて頂きます。
③料理人名
④料理の説明
⑤料理写真(あれば) ※以前公開していたレシピページのサンプルは以下にあります。 宜しければ参考にして頂けたら幸いです。
https://a.restaurant.co.jp/creative_global_kanazawa/list_ja.html

レシピに支援する仕組み

皆様からご提供頂いたレシピを利用したお客様から直接支援金を送る仕組みを導入する予定で す。※この支援金のやりとりに当社は介在致しません。
ページ上での支援の仕組みは、各レシピページ毎に《支援する》ボタンを表示し、ユーザーが任意 に設定した金額を送金する仕組みとなります。
支援の仕組みが確定した時点で、レシピ提供者の方には手順等をお知らせを致します。

■OPENSAUCE Inc.について

株式会社OPENSAUCEMistletoe株式会社が推し進める活動のパーマカルチャー領域を担う企業です。 その活動範囲は食農の分野に於いて長期間かつ多岐に渡りますが、解決すべき課題に積極的に取り組んでい きます。株式会社OPENSAUCEでは金沢片町にミュージアム型レストラン【A_RESTAURANT】を開業。 関連会社の農地所有適格法人【株式会社KNOWCH(ノウチ)】で新たな農業のノマドプラットフォームを 展開。また大野にクラフト・ジンの蒸留所【株式会社Alembic】を設立し、地域に根ざした新たな価値を探 求しております。

https://opensauce.co/

設立:2017年 代表:宮田人司
住所:石川県金沢市昭和町12-6
連絡先:reception@opensauce.co.jp
電話:076-201-8010

名称

OPENSAUSE

URL

https://recipe.opensauce.co

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話のメールアドレスをお使いの場合
パソコンからのメール受信を制限する設定をされている方は、[@reallocal.jp]を受信できるよう、ドメイン指定受信解除等の設定をお願いいたします。
内容・自己紹介など(必須)
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。