real local 湘南 » 鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来【店】

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来

2020.08.01
鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
オフィスで仕事をする松﨑さん

鎌倉市御成町の袋小路に、一見デザイン事務所かと間違えてしまいそうな、スタイリッシュな税理士事務所があります。
「税理士事務所ASCOPE(アスコープ)」は、2020年6月に事務所を移転。御成町の6帖一間のアパート、小町の小屋裏付き物件を経てこの場所に事務所を構えました。その経緯や理由、そしてこれから「税理士事務所ASCOPE」が目指す未来について、代表税理士の松﨑怜(まつざきりょう)さんにお話を伺いました。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
窓の外にも緑が広がるオフィス

松﨑さんが税理士として独立し「税理士事務所ASCOPE」を立ち上げたのは2017年初めのこと。その半年後には、都内から鎌倉へ家族での引っ越しをしています。なぜ、鎌倉だったのか。聞いてみると、ご自身が通っていた大学が湘南にあり、居心地の良かった思い出が記憶の隅にあって家族で決定したのだそう。子育てを環境の良い場所でしたい、都内へのアクセスも譲れない、まち並みや文化がしっかりと残る場所に身を置きたい。その願いを叶えてくれる土地で、実際に住んでみて改めてこのエリアの良さを感じていると言います。

「税理士事務所ASCOPE」が創立当時から得意としているのが、オンラインでの会計相談やコンサルティング。実際に対面しなくても業務を行うことができるため顧客は日本中におり、また創業時からスタッフの働き方のひとつとしてリモートワーク(税理士法の範囲内で)を積極的に取り入れていたことは、コロナ禍においても強みとなりました。リモートワークやオンライン会議に舵を切る企業も増える中、松﨑さんがずっと行ってきた仕事のスタイルや働き方に時代が追い付いてきたとも言えます。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
グリーンを多く設置しているオフィス内

現在でもオンラインでの打ち合わせは多いものの、今回改めて松﨑さんは「税理士事務所こそ、人と深くつながることを大切にしなくてはいけない。実際に会える税理士であることの重要性」を感じたと言います。ただ、それはコロナ以前からの2020年の目標だったそうで、「一人一人のお客様をより深く知る年にしよう」「スタッフの働き方についてもっと考えよう」ということを年始にスタッフに告げていたのです。

もともと、オンラインが強みで在宅勤務も当たり前だったため「オフィスって本当に必要なの?」というのが、松﨑さんのテーマだった時期もあったそうですが、ここ最近でその考え方に変化があったと言います。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
オフィスの2階部分もゆとりを持って使っている

「これからの時代、オフィスに来る、ということはとても特別なことで、行く意味やメリットがないと働くメンバーもクライアントも、誰もオフィスには来ない。それなら、『わざわざオフィスに集う』時間をもっと有意義な時間にしよう。来ないと味わえない共感を醸成するオフィスにしよう」と考え始めていた矢先、現在のオフィスの空き情報が舞い込みました。

この物件は「鎌倉R不動産」が「ギザギザ袋小路」というタイトルで募集していた物件で、松﨑さんは実は2年前に別の区画を下見していました。そのときには、すでに決まっていたこの区画に興味があり、2年越しのご縁があって今回借りることができた、といいます。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
階段やキッチンのまわりにもグリーンを

引っ越しをして、まず最初にしたことはソーシャル・ディスタンシングの確保。吹き抜けのメゾネットを贅沢に使えるレイアウトが空間の基本に。次に、グリーンをオフィス内に設置。友人が営む由比ガ浜の「_ish.(イッシュ)」にグリーン・生花の選定とメンテナンスを依頼されています。センスよくならぶグリーンと、袋小路の中に元々ある紫陽花などの緑が心和む空間を演出しています。大学ではアート・デザイン専攻だったという松﨑さんが選び、配置したインテリアもとてもカッコいい。この空間にマッチしています。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
打合せスペースには、今後クライアントの作品を飾る予定

さらに、これから来客スペースにはクライアントである作家・デザイナーなどクリエイターの作品や起業家の仕事の成果を展示して、来客の目にとまるような仕掛けを作りたいのだそう。「クライアントの成果物を展示することによって、素晴らしい仕事をもっとたくさんのひとに知ってもらいたい。そして、私たち自身のことも、どんな人間でどんな想いで仕事をしているのかを自然体でアピールできればと思います。私たちのミッション『起業家と社会を彫刻する』こと、クライアントのパートナーであることを少しでも体現できれば。税理士事務所というとクリエイティブなイメージを想像しづらいかもしれませんが、この空間をオフィスとする私たちを見て、本当に自分に合っている税理士を選んでいただきたい」

なるほど、会計業務という一般的なイメージとは一線を画すスタイルです。実際に、クリエイティブ関係のクライアントが多いことも頷けます。さらに、事務所内に作品を展示することは働くメンバーにとってもメリットがあると言います。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
会社ロゴ|建物全体|2階のDJブースは松﨑さんの趣味でもある|松崎さんの私物の小物もかわいい

「会計(税理士)事務所は基本的に数字を見ることが仕事です。ですが、そればかりにとらわれてしまうと、数字の奥にあるクライアントの顔や実際にクライアント自身がお客様を喜ばせている姿を見失ってしまいがちです。私たちはクライアント一人一人に対して想像力を働かせ抜く姿勢を忘れてはいけないですし、ここで働くメンバーが自分の仕事に誇りを持てるためにも、この作品の○○さん、と数字のその先が生き生きと見える環境を作ることはとても大事なことなんです」と話してくれました。

鎌倉のビジネスを応援する「税理士事務所ASCOPE」が見据える未来
オフィスの前にてラフなスタイルが鎌倉らしい松﨑さん

そんな松﨑さんに、これからの目標を聞いてみました。「鎌倉にも、税理士はもちろんたくさんいます。長く事務所を構えていらっしゃる先生も多く、税理士として私はまだまだ若造です。ですが、鎌倉で経営や起業の相談をするなら松﨑に会いにいけ、と言われるようになることが当面の目標ですね」と話してくれました。

新オフィスで、これからの働き方とオフィスの在り方、そして税理士事務所のイメージを変えていく松﨑さんの活躍から、今後も目が離せません。

名称

税理士事務所ASCOPE(アスコープ)

業種

税理士事務所

URL

https://www.ascope-tax.net/

住所

神奈川県鎌倉市御成町5-16 御成ふくろ小路Link-A 3号室

TEL

0467-80-2608

営業時間

平日 9:00~18:00

定休日

土日祝日

アクセス

JR横須賀線「鎌倉」駅西口 徒歩5分